【1971】131208 UX-1のインシュ調整&音チェック(前編)・・・(^^; 

さてさて、先輩の音友達から紹介いただいて、喜び勇んで試してみたブースターケーブルのSPケーブルへの転用・・・めっちゃ面白い!(^^;

中高域と低域のアクセント?のお陰で、曲が華やかで、楽しくなる・・・で、何より驚いたのは、エコーがかかったような響きがつくこと・・・

多分これは、元々ソースに入ってる音じゃないと思うんですが・・・ま、それゆえ目の前の演奏の生々しさを求める向きや、楽器の響きと倍音のリアリティを求める向きには合わないでしょうが・・・σ(^^)私的には。雰囲気としては、聞きやすくなるんで、いいかなと・・・(^^;

で、もちっと鳴らし込めば、もっと言い感じになるかな?なんて思いまして・・・

昨日のお話の週末以降・・・平日の帰宅後・・・深夜なので、極小音量で、しばし鳴らしてたんですが・・・

次の週末となって・・・これは、まだ遊ぶ余地があるかな?って感じで・・・

ただ、最初の実験の時から、少し気になってたのが、平面的なサウンドってこと・・・

まあ、中低域がまだまだ弱いので、全体には、サウンドが薄い印象なのは、しょうがない?

でも、奥行き方向への展開なら、以前の実験成果から、調整できるかも?・・・(^^;

ってわけで、その調整をやってみました・・・

【UX-1のインシュを調整】
1971-01UX-1のインシュを調整

以前から、拙宅のプレーヤーUX-1のインシュレーターの置き位置を変えると、結構音のステージ感を変えられるってことは分かってて・・・

これまでは、前2後1の△に配置させていたのですが・・・

これは、腰砕けサウンドだった頃、しっかりしたサウンドにしたくて、音の集まる傾向の設置を選んでいたもので・・・

今回、ブースターケーブルを使った際の、広がりはあるものの、平面的な感じ・・・ってのに、奥行きが付かないかな?ってことで・・・・

UX-1のインシュを、前1後2の▽に配置を変えて見ました・・・

で、ちょっぴり聞いてみた感じでは・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん

いい感じです(^^;・・・広がり方向への響きの拡散がより綺麗に広がるようになって・・・

何より、ステージセンターから、左右SPの間にかけて、奥行き方向が深くなり・・・

正面のTVの向こうにも空間があるかのような印象に・・・(^^;

いやあ、めずらしく、思いの方向へ変化して、ちょっぴり嬉しかったりして・・・

で、これに加えて、外部クロックGPS-777を入れると・・・響きの広がりがなくなることなく、音の収斂がよくなって、音の純度やステージの見通しがはっきりした感じに・・・

ってわけで、今後、このパターンで楽しむためには、このセッティングにすることにしときましょう・・・(^^;

で、後は、外部クロックを外して・・・本来の拙宅オリジナルの系統の音はどうかな?

ってわけで、SPケーブルを、芋蔓DQに戻して・・・再び、サウンド確認を・・・

っとっとっと・・・ところが、まだ、うたた寝寝坊の余韻が残ってて・・・

今日も、ここで、時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2041-395732c3