【1709】130210 Ray邸(オクターブRME220試聴):これがオクターブの音?・・・(^^; 

さて、現状のRay邸サウンドを確認して・・・いよいよオクターブの新製品、管球モノアンプのサウンドを聞かせていただくことに・・・

っと、もう1曲だけ、これも聞かせてとかけられたのは・・・亜紀ちゃん(^^;

【MOOD/八代亜紀】1597-01
1597-01MOOD/八代亜紀

アルバムMOODから、3曲目のFLY ME TO THE MOONを・・・やっぱ、ご機嫌なR&Bです!

このカバーアルバムのイメージは、演歌色が全然無くてとっても聞きやすいですね・・・(^^;

で、いよいよ、オクターブをメインの系統へ接続・・・

【えっ?どこに置いたの?】
1709-01えっ!どこに置いたの?

インコネとSPケーブルを接続するため、元々ソニーのアンプが置かれていた場所に・・・

【まるであつらえたように】
1709-02まるであつらえたように

おお!・・・まるで、あつらえたかのように、隙間無くぴったりの定位置!(@@;

その設置状況を見ると、出音に期待が・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク

メインの管球は、KT120というKT88の上位互換の新しい管球だそうで・・・バイアスも、LEDの表示を見ながらボタン操作で簡単に調整できるとのこと・・・交換球は、KT88の他、6550とEL34もOKとのこと・・・ただ、アンプの設計は、ほぼ、KT120専用設計で、Hi(200W)とLow(140W)の切り替えで、Lowにすると、先の交換球がつかえるのだそうです・・・

ってわけで、早速試聴・・・曲は、竹竹:エイジアン・ルーツから・・・

【竹竹:エイジアン・ルーツ】1708-05
1708-05竹竹:エイジアン・ルーツ

ほう!・・・SN感が非常に高くなって、ワイドレンジで高解像度で繊細な音までよく聞こえる!・・・それに、凄い響きが豊か!・・・かなりエコーがかかったような印象・・・

ただ・・・低音の打楽器の立ち上がりが優しいと言うか・・・非常に高性能な印象は受けたものの・・・音の元気、押し出し、実体感が・・・現代アンプにそれを求めるのは厳しいの?・・・ま、もう少し聞いてみないと・・・機器も慣れてないし・・・(^^;

で、お次は、Engleskytsの7曲目・・・

【Engleskyts】1236-01
1236-01Engleskyts.jpg

情報量がアップしたんでしょう、とってもゆっくり聞こえます・・・パイプオルガンの深みとホールの大きさがアップ・・・と言うか、エコーの豊かさがかなり強く出てきた感じ・・・でも、まだ余所行きの音と言うか借りてきた音がしてますね・・・まだ、出音の足並みが揃ってない感じ・・・(^^;

まあ、もう少し聞き進んでどこまでいくかですね?と・・・

お次は、角田健一ビッグバンドのCDから、シング・シング・シングを・・・

う~ん・・・ドラムが・・・ブラスセクションの情報量は多く、高解像度で分解能も高く、細かな音もよく聞こえる・・・ベースの弾力感はあるんですが、ドラムは・・・

ありゃあ・・・まるで、拙宅で悩んでいるのと同じ音が出てますね・・・低域の立ち上がりのキレというか瞬発力、弾力感はどこに?・・・とっても優しくおとなしい感じに・・・(^^;

っと思いつつも、次第に音離れがよくなり出して・・・徐々に鳴ってきた感じが・・・それと、エコー感がどこで付いているのか?・・・マッキンはインコネが銅単線系だったのに対して、このオクターブへは、銀線系のインコネだそうで・・・その影響かもしれないですね・・・

あともう少し、足並みが揃って、もやっとした感じが無くなれば・・・

と、期待しつつ、次の曲は・・・ジェリー・マリガン・ミーツ・ジョニー・ホッジス・・・

【ジェリー・マリガン・ミーツ・ジョニー・ホッジス】1237-02
1237-02ジェリーマリガン・ミーツ・ジョニーホッジス.jpg

おお、マリガンのバリトンサックスの深みが・・・ジョニー・ホッジスのアルトサックスがご機嫌に・・・うんうん!段々鳴って来ましたね・・・

っと、Rayさんが・・・このエコー感は、インコネの銀線のキャラクターが強いね、元々のソニーの石のアンプより、そういう違いが良く分かると・・・

で、お次は、クラシック・・・マッキンの時も聞いたオケと男声の曲・・・

おー、声が非常に滑らかにピラミッドバランスの再生が・・・弦が非常に綺麗に響く・・・音が明るくなりましたねとのコメントも・・・

SNが上がったんで、透明度と言うか、見通しがよくなって・・・どちらかと言うと、マッキンの時の前に出て来る感じはなくて、奥行き方向へにステージが展開する方くの鳴り方・・・

続いて、バイオリンの協奏曲が・・・曲名???(^^;

おっと、クラシックは、さっきもUX-1で聞いてたんだと・・・UX-1で再生・・・

う~ん、今風の高SN、高解像度な粒立ち良いサウンド・・・でも、拙宅同様、グリップ力が弱い?

これ聞けるんじゃない?と・・・ミステリーソナタの2枚目の20曲目を・・・

【エドゥアルト・メルクス(Vn):ミステリーソナタ:パッサガリア】798-07
798-07エドゥアルト・メルクス(Vn):ミステリーソナタ:パッサガリア.jpg

おお、先ほど一本調子だったのが、曲のうねりが少し出てきて・・・何より、高域の暴れが無くなって非常に綺麗な響きが豊かに付くように・・・

これなら、さっきと違って充分聞けますねとのコメントと・・・う~ん立ち上がりが優しすぎるんじゃないの?とのコメントも・・・

いやいや、全く違った世界になっちゃいましたね・・・パワーアンプでこれだけ音の世界観が変わっちゃうんですね・・・(@@;

っと、ちょっと時間オーバーしちゃいました・・・つづきは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/1775-95681973