月別アーカイブ

 2017年08月 

【3281】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(前編)・・・(^^; 

さてさて、やっぱアナログは面白いですね・・・結局、ぜ~んぶ振動で・・・どこか触ると、必ずその影響が、どこかに出て来る・・・で、何気にその繋がり、関連が推察できる・・・

ま、未熟なσ(^^)私には、その経験が繋ぎ易いのが、面白さになってるのかな?・・・(^^;

で、相変わらず、あれもこれもとお楽しみのテーマを見つけては、大騒ぎしながら戯れ?・・・っと言うより、やっぱ弄ばれてるって感じですが・・・

milonさんのノウハウを教示いただいたり、パーツのサポートもいただいて・・・ジャンクからスーパープレーヤーへと変身してきたPL-31E改をお手本に・・・

PL-25E改にトーンアームを自作したり・・・ベース自体を追改造したり・・・あ、並行して回転シェルでもタップリ楽しんで・・・MCカートリッジが北を向くのにビックリ!(@@;

更には、音友達の実験報告に触発されて、トーンアームやヘッドシェルでの振動アーシングを実験して・・・SNが向上し、音の純度が上がって抜けや見通しもよくなって・・・出音のタイミングが揃うのか?音像も音場空間もその展開が分かり易くなって・・・

この実験では・・・振動源のカートリッジ直近でのアーシングが効果的で・・・振動を吸収板に素早く伝えて減衰させるのがポイント?・・・

カートリッジやアーム自体をダンプすると、音の勢いまで押さえ込んでしまう気がして・・・このアーシングで振動吸収板で減衰させると・・・

音のザワツキは無くなって、勢いは無くならないと言う、好ましい効果に感じられる・・・ホントはどっちも同じでプラシーボなのかも知れませんが?・・・(^^;

ま、でも、そんな気分的な効果もあって・・・今は、アーシング素子の装着を改良型に・・・

実際には、対象物のダンプを避けるため、振動吸収板の保持に使うエプトシーラーを対象物側に貼らず・・・振動吸収板側に貼ることで効果の有無を純粋に確かめられるように・・・(^^;

っと、ここまでやって・・・昨日のカートリッジの筐体のダンプ実験にまで行き着いたんですが・・・これも、現在は、情報量を増やしてくれたMC-1が手元を離れてからは・・・いつしかアーシングのみになって来ていたりします・・・(^^;

ま、その理由の一つが・・・先に機能不備のジャンク入手し、復活した吸着スタビ(AT-666)の効果なのかな?・・・っとこれは、まだ継続実験中ですが・・・(汗

元々は・・・ViV Laboのリムサポート方式を真似て・・・Ge3のケブタフェルトシートでリムサポートして、レコードスタビの響で整振してて・・・

更なる整振効果を試すべく、コレットチャック+ケブタフェルトシートバージョンにして効果に行き過ぎがあるか?を確かめたら・・・この抑える方向も悪くないかな?って気に・・・

で、リジットな制振も試してみようかなと・・・吸着スタビにたどり着いたと・・・(滝汗

でもって・・・リジットな制振方向では・・・やはり音がカチッとして・・・何より、盤のうねりで針が飛んでたフライデーナイトが、どこ吹く風で、難なく再生できて・・・

やはり、この方向もいいなあ!と思いつつ・・・(^^;

とは言え・・・素直に録られた優秀録音盤はいいけど・・・それっぽく作った盤だと、ちょっとあざとさ目立つような気も?・・・(汗

ってわけで・・・相変わらず基準のいい加減なσ(^^)私的には・・・整振も制振も、どちらにもいいなと思う所があって・・・(滝汗

っと、それは無いやろ!って突っ込まれそうなことを思っていると・・・

ブログのアーシングの記事をご覧いただいた音友達から・・・チタンネジを使うと面白いかも?ってアドバイスいただいて・・・

過去、メイン機器のインシュにチタンスパイク&受けを使って、チタンフリークなσ(^^)私的には、前から気になってたところだったので・・・

さっそくM4のチタンネジとナットを手配・・・(^^;

【入手したM4のチタンネジとナット】
3281-01入手したM4のチタンネジとナット

で、届いたのが、こちら・・・

【ミニボール盤で軸受を】
3281-02チタンネジに軸受の窪みを

でもって、さっそくミニボール盤を使って・・・細めのドリルで少し窪みを作って・・・ガラスや陶器、タイル用のドリルビットで、軸受のV字の窪みを・・・

【出来上がったチタンネジ製軸受】
3281-03交換用軸受ネジ

で、こちらが、出来上がった、チタンネジ製のピボット軸受・・・PL-31E改のご本家ピュアストレートアーム用と自作のなんちゃってピュアストレートアーム用の2本を作成・・・

と言うことで、まずは・・・PL-25E改の自作なんちゃってピュアストレートアームのピボット軸受を、ステンレスネジからチタンネジへと変更してみることに・・・

なんですが・・・冗長でほとんど無意味な?前置きのせいで、今日は時間切れに・・・(滝汗

ってわけで、つづきは明日に・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3282】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(後編)・・・(^^; 

さて、昨日は前置きが長過ぎて(滝汗・・・まさかの前後編の2話に分割となってしまいましたので・・・さっそくつづきへ・・・(汗

昨日もアップしましたが・・・入手したM4チタンネジにミニボール盤でピボットの軸受の窪みを作成して・・・

【軸受をステンレス(上)からチタン(下)に】
3282-01チタンネジの軸受

PL-25E改のなんちゃってピュアストレートアームのステンレス軸受(画像上)を、作成したチタンネジ&ナットのピボット軸受に変えてみることに・・・

【チタンネジの軸受に交換】
3282-02チタンネジの軸受に交換

で、ピボットの軸受部のみを、ステンレスからチタンネジ&ナットに交換して・・・

【チタンの軸受で聞いてみると】
3282-03チタン化したPL-25E改は?

さっそく、チタン軸受でレコードを聞いて見ると・・・

って、回転シェルを使ってるので・・・既にある程度、アームの振動の影響を分断しているはずなんですが・・・

う~ん、やはりチタンの効果は大きいですね!・・・これまでチタンインシュレーターで体験した傾向と似ている気がしますが・・・

音がしっかりしつつも滑らかに空間を満たす感じで・・・音像がハッキリして密度が高まって濃くなって・・・それに、全体に重心が下がって、とても心地よいバランスに・・・(^^;

パッと聞き、大人しい音に整理され過ぎたか?って心配をよそに・・・金属系の振動対策をした場合にありがちなキン付きや特定の中高域に鳴きも無く・・・思いのほか強調の無い、自然な輪郭と言うか実体感が感じられ・・・

同時に、非常に細かな情報も聞こえて・・・解像感も明瞭になり・・・力の入り過ぎない実在感がなんとも心地よく・・・聞き疲れもしないご機嫌なサウンドに・・・(^^;

ってわけで・・・予想はしていたものの、それを上回る効果に調子付いて・・・(汗

【PL-31E改のステンレス軸受を】
3282-04PL-31Eのステンレス軸受を

毎度の突進?・・・じゃあ、メインプレーヤーのPL-31E改のステンレス軸受もと・・・

【チタンネジ&ナットの軸受に交換】
3282-05チタンネジ&ナットの軸受に交換?

チタンネジ&ナットの軸受に交換して・・・再びじっくり聞いて見ると・・・(^^;

【チタン軸受化したPL-31E改サウンド】
3282-06PL-31E改のハイポテンシャルが!

おお、やはりいいですね!・・・ほぼ自作というPL-25E改より、そのポテンシャルが高いことを改めて気付かされました・・・(滝汗

ほとんど、音の傾向は同じなんですが・・・より背景の静けさが感じられ・・・重心が低くて・・・特に低域の見通しが更にいい感じで・・・(^^;

空間に展開する雰囲気の差がはっきり出て来る・・・あ、もちろん、既にPL-31E改とピュアストレートアームで、その見通しの良さは相当充分なレベルに達していたのですが・・・そこから更に空間の雰囲気をしっかり感じ易くなったので・・・(^^;

でも、このPL-25E改とPL-31E改の差はいったい何?・・・

思うに・・・スピンドルのベアリング化(31E改)と・・・リムサポート(25E改)と吸着スタビ(31E改)の違い・・・あと、それに合わせてカートリッジ(25E改が回転シェルにSONYのMC-9に対し、31E改がMITCHAKU型シェルにVICTOR MC-1)の違いもありますが・・・

う~ん・・・出来れば早目に同じ条件で、25E改と31E改のポテンシャルの違いの理由を確認しないと駄目ってことですかねえ?・・・(^^;

今のところσ(^^)私の印象としては・・・スピンドルのベアリング化と吸着スタビの効果が大きいような気もしてるのですが・・・果たしてどうなんでしょう?・・・

あ、それに・・・アーシングの効果もどうなるか?ってのも確認しないと駄目だし・・・(^^;

何て、この先のテーマを考えつつも・・・今日のところはこの辺りで・・・(汗

で、明日は?・・・この先の更なるチタン化の仕込み?について・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3283】170702 届いたモノとピボット軸のチタン化の準備?・・・(^^; 

さて、今回のトーンアームのピボット軸受のチタン化・・・振動のアーシングを試していたところへ、音友達からチタンを使ってみれば?ってアドバイスを貰ったことからスタートしたんですが・・・(^^;

実はず~っと以前から自分がチタンフリーク?だったことを思い出した次第で・・・(汗

そう言えば、うちのメインの機材の大半は、チタンスパイクとスパイク受けでインシュレートしてまして・・・一時期は、ホントに嬉しがって、連日、チタ~ン、チタ~ンと騒いでいた記憶が蘇って来ました・・・(^^;

ってわけで、ピボット軸受用のチタンネジの調達と並行して・・・もう一つ手配してたものが、前日の夜に届いてまして・・・

【届いたアイテム(その1)】
3283-01日届いたアイテム(その1)

届いたのは、こちら・・・φ5mmのチタンの丸棒・・・

そうです!・・・昨日のお話しでめっちゃご機嫌な効果を得られた、ピボット軸受のチタン化・・・これの対になるピボット軸・・・元は、ステンレスなんですが・・もしかして、これもチタン化してみたら?ってことで・・・(^^;

で、もう一つ届いたのが・・・こちらの板状の梱包で・・・

【届いたアイテム(その2)】
3283-02届いたアイテム(その2)

ハハハ、どこかで似たようなものを見たことがあります?・・・(汗

【3269】170623 PL-25E改の大改造?(その1)・・・(^^; [2017/07/20]

そうです・・・中味はPL-25E改の大改造に登場したアルミ板・・・

【3274】170628 届いた吸着型のディスクスタビライザー・・・(^^; [2017/07/25]

ちょっとタイトルからは想像出来ませんが・・・こちらの日記の冒頭に画像とともに書いた通り・・・スピンドルシャフトの取付位置の関係で、トッププレートとプラッターの間が何だか、ホントに間抜けなほど間が空いてしまって・・・(滝汗

ってわけで、この隙間を埋めるべく・・・アルミ板を追加で手配したと・・・(^^;

一応、先の大改造で使った2枚は・・・A5052Pと同様Al-Mg系合金の高精度版だったのですが・・・今回のは先の2枚の間に挟むものなので、ちょっとお安い普通のA5052Pの5mm厚・・・

で、この工作を先にやりたかったのですが・・・この日、毎度の実家のフォローに帰る用がありまして・・・取り急ぎ、チタンの丸棒のみ持って実家へ・・・

でもって・・・実家で所用を済ませ・・・合間の時間で、ちょっと工作を・・・

って、前回、ステンレス版を作った時と同じなんですけどね・・・(^^;

【3239】170527-28 実家でレコード洗浄&トーンアームの自作?(2)・・・(^^; [2017/06/20]

【先端を荒削り】
3283-03先端を荒削り

で、グラインダーで鉛筆削りのように、先端を荒削りして・・・

【バイスに挟んで切断】
3283-04バイスに挟んで切断

でもって・・・バイスに挟んだチタン棒を金属用の鋸で切断して・・・

【予備も含めて3本製作】
3283-05今回は3本製作

今回は、予備も含めて3本を製作しまして・・・実家での作業を終えて大阪へ・・・

で、大阪の自宅に戻ってから・・・少しでも続きの工作をと思ったんですが・・・

時間が無くて・・・辛うじて、実家で荒削りしてきたスピンドル軸の先端の整形を・・・

【先端をヤスリで整形】
3283-06先端をヤスリで整形

っと、ここまでやっておきながら・・・既に音量が上げられない時間だったので・・・装着実験は、後日に後回し・・・

で、この日届いたレコードを、小音量でサラッと・・・

【この日届いたレコード】
3283-07届いたレコード

届いたのは、この3枚・・・しつこく、ユーミンの初期のアルバムの手持ちの歯抜け分を・・・左が10枚目のSURF&SNOW・・・右が3枚目のCOBALT HOUR・・・

SURF&SNOWは、抜けのいいクリアな録音で・・・B面の雪バージョンの方がお気に入り?・・・COBALT HOURの方が好きな曲が多いんですが・・・盤が荒れててちょっとこもった音で・・・ちょっとげんなり・・・(汗

3枚目は、Stan GetzのSweet Rainで・・・1967年録音の1973年再発国内盤・・・演奏はめっちゃご機嫌なんですが・・・A面は盤質がよくない?何だか音が曇って眠い音に・・・こう言う盤も濃く太くガツンと鳴らせるようにしたいのですが・・・(滝汗

ってわけで、この日はこの辺で・・・

明日は?・・・上手く行ってたはずが、問題が発生して・・・再対策が必要に?・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3284】170704 吸着スタビ(AT-666)に問題発生し再補修?・・・(^^; 

さてさて・・・ホントなら一気にピボットのフルチタン化実験に突っ走りたいところなんですが・・・帰宅後にレコードを聞こうとしたら・・・

あら?・・・また吸着スタビ(AT-666)の吸着状態が持たない!・・・(@@;

う~ん・・・この数日は、ポンプの動作も少なくて吸着が完了してたので、いい感じ!って喜んでたんですが・・・

最初、片面を再生して・・・裏返そうとしたら・・・あれ?(滝汗

どうやら、片面の演奏を終えるまでに、空気が漏れてしまったようで・・・開放バルブを開けずともレコード盤を吸着スタビから外すことが出来る・・・(汗

う~ん、困った!・・・どうして維持できなくなったんだろう?・・・

で、前回の補修で、最初に試した・・・レーベルの内側のグレーのエプトシーラー・・・

【3278】170701 吸着スタビ(AT-666)の補修にトライ(その2)・・・(^^; [2017/07/29]

【リップゴム内側にエプトシーラー】3278-01
3278-01センターカバーを外しシーリング強化


最初は、画像のように、レーベル付近のリップゴムの更に内側にグレーのエプトシーラーを装着していたのですが・・・特に空気が漏れることも無いようだったので・・・このあと撤去したのですが・・・内側のリップゴム付近からの漏れか?と考え・・・

前回と同じ位置にエプトシーラーを貼ってみたんですが・・・

う~ん残念!・・・片面持たない・・・おかしいなあ?・・・(滝汗

【内側リップゴムの下にエプトシーラーを】
3284-01内側リップゴムの下にエプトシーラーを

ってわけで、リップゴムがレコード盤に密着する圧力が弱まるのが原因か?と考え・・・

上の画像のように、リップゴムとスタビの隙間に・・・リップゴムを持ち上げるようにエプトシーラーを挟みこんでみました・・・(^^;

で、まず片面を試してみたんですが・・・おお!直った!・・・と思いきや・・・

片面終わって・・・裏返し、反対面では・・・ああ、片面持たず・・・ガクッ_| ̄|○

ってわけで・・・じっくり観察して見ると・・・

【外側のリップゴムが寝ている?】
3284-02外側のリップゴムがへたってる?

どうやら、外側のリップゴムを持ち上げるために貼り込んだ7mm厚のエプトシーラーが、結構圧縮されたままの状態に・・・(汗

なるほど・・・エプトシーラーが圧縮されて反発力が弱くなったみたい・・・

ということで・・・実は、エプトシーラーの反発力が弱かった場合に備えて、最初の調達の段階で同じ7mm厚の発砲ゴム系スポンジも調達してまして・・・(^^;

最初は、エプトシーラーの反発力がこんなに弱まると思ってなかったのと・・・逆に発砲ゴム系スポンジの反発力は強すぎたので、エプトシーラーを使ったんですが・・・

まさか、こんなに早く経時変化の影響が現れるとは!・・・(@@;

【外側リップゴム下のエプトシーラーを】
3284-03外側のリップゴム下のスポンジ

ってわけで、強すぎるスポンジもしばらくすれば反発力が弱まるだろうと言うことで・・・

先に施工したエプトシーラーを撤去して、発砲ゴム系スポンジに貼り変えました・・・(^^;

【スポンジにすると?】
3284-04スポンジにすると

で、再び片面再生を試してみると・・・おお、もちろんこれは問題なし・・・(^^;

でもって、裏返して反対面は?・・・おお!こちらも充分片面維持出来た!・・・

ってわけで、これはまた、しばらく様子を見てみないと・・・

っと、それはそうと・・・いつの間にか、トーンアームのピボット軸受ネジの上にアーシング素子?が乗ってるじゃん!・・・(^^;

ハハハ、そうですね・・・実は、アーシング効果も確認を始めたところでして・・・(汗

いや、ホントにちょっとびっくりな位の変わりようでして・・・

振動吸収のアルミ板側にエプトシーラーを移した改良版のアーシング素子を・・・トーンアームのピボット軸受のチタンネジ上に装着して見ると・・・

なんと驚くほどに、グッと空間展開が濃く広く高解像度になりまして・・・(汗

なんと、先に実験したシェル側のアーシングよりも効果が大きいほどで・・・ひょっとすると、モーターの振動とかトーンアームの足元から、信号ライン側へ逆流する?振動もアーシングしているのかも?・・・(滝汗

こうなって来ると・・・いよいよピボット軸自体のチタン化にも興味が・・・(^^;

と言うことで、今日はここまで・・・本題?は明日に・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3285】170705 この日の収穫物とアームピボット軸のチタン化実験?・・・(^^; 

お待たせしました?・・・なんちゃってピュアストレートアームの軸受をチタンネジに交換し、大きな効果を得た勢いで・・・一気にピボット軸もチタン化を・・・

って思って、突っ走りかけてたんですが・・・所用があったり吸着スタビに問題が発生したりで寄り道しちゃいましたが・・・

この日は・・・平日ですので、昼間はもちろん仕事へ・・・(汗

で、帰り道・・・時折開催される中古ディスク市?が・・・(^^;

でも、いつもは、いいなと思う盤は結構お高くて・・・見てるだけ~で終わるんですが・・・

今回は、聞いてみたいなと思う盤がワンコインで・・・(^^;

【この日の収穫】
3285-01この日の収穫

ってわけで、この日はこちらの5枚を・・・(滝汗

上はMALTAが2枚で・・・左は見本盤?右は45回転盤・・・期待したんですが・・・あれ?なんか思いのほかボディ感や弾力感が少なく、CDっぽい音のキレと立ち方で・・・あ、デジタルリミックスとデジタル録音だ・・・だからなの?

真ん中はSteve KuhnのSteve Kuhn Live In New Yorkで・・・1972年録音の米盤ですが、カット盤です(^^;・・・録音は年代なりの生々しさがあるのですが・・・抜けがちょっと・・・それに演奏がσ(^^)私には大人しく思われて・・・(汗

下の左は、CasiopeaのJive Jiveで1983年録音・・・こちらは、ジャンル的に音のキレもいい感じで、ボディ感も弾力感もあるので・・・アナログ録音かな?・・・(^^;

最後の下の右は・・・Phil CollinsのNo Jacket Requiredで、1985年録音のUS盤で・・・めっちゃ久し振りにOne More Nightが聞いてみたくなって(滝汗・・・ああ、懐かしい!最内周なんですけど・・・そんなの関係なくいいですねえ!・・・(^^;

と、レコードの話はこれくらいで・・・おつぎは、肝心の本題の方を・・・

一昨日、加工を済ませたチタンのピボット軸への換装実験をメインのPL-31E改で・・・

先日、ピボット軸受は、ステンレスからチタンネジに換装して・・・音の雑味が激減、純度が上がって、解像度がグッと上がって広がりもグッと・・・って期待以上の効果で大喜びしたんですが・・・ピボット軸はステンレスのままだったわけで・・・

【まずはステンレスピボットで】
3285-02まずはステンレスで

で、まずはそのステンレスのピボット軸で1曲聞いて・・・

【アームを外してピボット軸を】
3285-03ステンレスを外し

でもって、一旦トーンアームを外して・・・ステンレスのピボット軸を取り外し・・・

【左がチタン右がステンレス】
3285-04左がチタン

で、左側が今回作成したチタンのピボット軸受、右が元のステンレスの軸受・・・でもってチタンのピボット軸受を装着して・・・

【ピボット&軸受フルチタンで聞いてみる】
3285-05チタンで聞くと

ってわけで、チタンネジの軸受に加え、ピボット軸を今回作成したチタンに換装して、聞いて見ると・・・

軸受をチタン化した際に、あれだけ驚くほどの効果が得られたにも拘らず・・・背景が更に一層澄んで静かに・・・全ての音が整理されて、出るべき位置がピシッと決まる感じで・・・

音全体の印象では・・・ザワツキがなくなって、音の立ち上がり、立下りが早くなるようで、キレが増す感じ・・・同時にハーモニーが綺麗に響き、静かな背景に響きが伸びる感じ・・・

ということで・・・やはり、期待通りのチタン効果!(^^;

ま、極論すると・・・ステンレスがPCMのようなハッキリしたエッジ感があって・・・チタンはDSDのような空間の雰囲気や深みが感じられるみたいな違い・・・って、分かり難い?(汗

とにかく、今のσ(^^)私的には、好ましい変化・効果と言うことで・・・採用決定!(^^;

と、先にメインプレーヤーのPL-31E改での採用を先に決めたので・・・もちろんつぎはPL-25E改へも展開しようと思ったのですが・・・

何と、また思わぬトラブルが・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3286】170706 やっと入手したMC-1の片チャンネルが昇天?・・・(^^; 

さて、音友達からのアドバイスで・・・1ポイントアームの振動アーシングに、チタンを使ってはどう?ってのがあって・・・なるほど、さっそく実験したところ・・・(^^;

その効果は非常に大きく・・・以前、機器のインシュレーターとして、チタンのスパイク&受けを、使いまくっていた際の音質傾向を思い出した・・・ってのが、昨日の話・・・

いやあ、でもホントにその効果は大きかった!・・・

ここまで40年以上前のジャンクプレーヤーを・・・milonさんのノウハウやパーツ加工のサポートを頂いて・・・DCモーター化、スピンドルのベアリング化、プラッターのマグネフロートに加え・・・ピュアストレートアームの装着と・・・

スーパープレーヤーへと大変身させて来たわけですが・・・ピボット軸&軸受のチタン化は、そのポテンシャルの高さを、一層あからさまに出してくれたわけで・・・

ずっと聞いてみたかった、ビクターのダイレクトカップリング式のMCカートリッジをやっとの思いで手に入れて・・・

【3267】170622 VICTOR MC-1到着!・・・(^^; [2017/07/18]

【3268】170623 MC-1のシェルアーシング実験とシェルリード線の変更…(^^; [2017/07/19]

その実力の高さに大喜びしていたわけで・・・

ここへ更に・・・ジャンクの吸着スタビ(AT-666)の修復が功を奏し・・・MC-1のポテンシャルの高さを更に課実感することに・・・(^^;

と、そこへ更にピボット軸&軸受のチタン化で、一気にその実力をフルに発揮し出したのでは?って感じで・・・レコードに刻まれた音楽のエネルギーも演奏の思いも・・・変な強調も脚色も無しに、自然でダイレクトに届けてくれるようになり・・・

いやあ、ここまで来るとは!と大喜びしつつ・・・つつぎつぎとレコードを聞きまくり・・・

ああなるほど、このレコードにはこんな音が入っていたのか!・・・なるほど、この演奏は、こんな思いを伝えていたのか!と・・・新たな次元の再生にビックリ!(@@;

で、ここで・・・こコマ出来ても、まだシェルでのアーシングの効果があるだろうか?と、その聞き比べをしようとしていた矢先・・・

【MC-1の片チャンネルが昇天?】
3286-01MC-1の片チャンネルが昇天?

うん?・・・あれ?・・・片チャンネル音が出ない・・・(滝汗

めっちゃ焦りました!・・・で、以前にも起きた、トーンアームのコレットチャック部の接触不良か?と接続を確かめたり・・・

回転シェルの実験で、何度か経験した・・・自作のリード線の内部断線K?と思って確かめたりしましたが・・・

いずれも、導通があり・・・逆に、MC-1のリードピン間の導通が無い・・・(@@;

【片チャンネル昇天が確定】
3286-02片チャンネル昇天が確定

ってわけで・・・MC-1の片チャンネルが昇天したことが確定・・・

で、どうやら・・・古いダイレクトカップリングのプリントコイルの弱点?・・・内部の経年劣化で・・・恐らく配線が内部腐食して断線したのではないか?と・・・

ああ、あれだけ、過去最高な音楽とサウンドを聞かせてくれていたのに・・・たった10日ほどでこの至福のサウンドとお別れなんて・・・ガクッ_| ̄|○

うん?まだ10日ほど?・・・駄目元でショップに連絡してみると・・・何と!返金対応してくれると・・・なんと言う嬉しい対応!・・・\(^^)/

と言うことで・・・最高の頂から奈落の底へ叩き落された絶望の中から・・・なんとか地上に戻ることが出来た!・・・(^^;

【代わりにZYXを装着して】
3286-03代わりにZYXを装着して

と言うことで・・・気を取り直して・・・MC-1をショップへ発送し・・・代わりに長らく待機状態だったZYXを変わりに装着して・・・

【ZYX BROOM2を聞いて見ると】
3286-04ZYXを聞いて見ると

で、ZYX BROOM2を聞いて見ると・・・そのバランス、重心低く力強い中低域・・・柔らかく繊細な中高域を暖めて認識・・・恐らくここまでのパフォーマンスが出せたのは、初めてかも?

改めて、PL-31E改のポテンシャルの高さを再確認!

ただ・・・空芯コイルに慣れた耳には、下の方のガッツリした力強さには惹かれるところがあるものの・・・中高域ほうこうの抜けと伸び、空間の見通しに・・・もう一息なんとかなればって・・・ちょっぴり物足りなさも・・・(滝汗

う~ん、やっぱりMC-1の喪失感は、大きく・・・しばらく尾を引くかも・・・

【この日届いたもの】
3286-05この日の届いたもの

あ、こ日届いたのが2つ・・・でも、結局、現時点でも手付かず・・・(滝汗

と、今日のところはこの辺りで・・・(^^;

明日は?・・・先延ばしにしてたPL-25E改の追加改修?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3287】170707-8 PL-25E改の大改造?(その5)前編・・・(^^; 

さて、なんちゃってピュアストレートアームのピボット軸&軸受をオールチタン化し・・・情報量が多く、解像度も高いダイレクトカップリング方式のVictorのカートリッジMC-1のポテンシャルを、一層引き出せたと大喜びしたのも束の間・・・(滝汗

何と、その蜜月の日は、1日も持たず・・・入手から数えても10日ほどで、プリントコイルの断線で片チャンネルが昇天され・・・全てのやる気を消失してしまったんですが・・・

僅か10日の昇天に、幸いにもショップが返金保障してくれ・・・干乾びたキリギリスも何とか復活させてもらったわけで・・・\(^^)/

で、本来一気に着手する予定だった・・・PL-25E改の大改造の残り?に着手・・・

っと言うのも・・・毎度、行き当たりバッタリ、現物合わせの改造ゆえ(滝汗・・・組み込んでみたら・・・プラッターと下側のアルミ板が干渉・・・(汗

ゆえに、一旦仮対処として、軸受のスチールボールを少し直径の大きなステンレス球に入替えて凌ぎ・・・その後、スピンドル軸受の取付位置を少し持ち上げて対応・・・

【隙間の多いターンテーブル】3274-00
3274-00隙間の多いターンテーブル

なんですが・・・ご覧の通り・・・プラッターとトッププレートの間が、異様に離れてて・・・何だか不自然にプラッターが浮いているみたいに・・・(滝汗

で、仕方なく、この隙間を埋めるべく・・・

【アルミ板を追加手配】3283-02
3283-02届いたアイテム(その2)

アルミ板を追加手配してて・・・既に到着もしてたんですが・・・冒頭の一件で先延ばしになってまして・・・(^^;

ってわけで、行き当たりバッタリの現物合わせの追加改造の始まり~!・・・(^^;

まずは・・・現状機の分解から・・・

【現状のPL-25E改を分解】
3287-01現状のPL-25E改を分解

で、現物合わせのため・・・追加のアルミ板を入れるとどうなるか?を確認・・・

【現物合わせの確認】
3287-02現物合わせの確認

5mm厚のアルミ板を間に入れると・・・どこがぶつかる?何か不具合は?って確認jを・・・

【裏蓋を外して】
3287-03裏蓋を外して

裏蓋を外して・・・ここでも、現物確認を・・・

【上側、下側のアルミ板を外して】
3287-04上側、下側を確認

で、更に・・・上側と下側のアルミ板を外して・・・間に入れる板の穴の形状を思案・・・

【上側の板と下側の折衷】
3287-05上側と下側の折衷

どうやら、プラッター部は上側の板と同じで・・・他はほとんど下側と同じ?・・・

【まず下側と同じ分の罫書】
3287-06下側分の罫書

で、まずは・・・下側と同じ部分の罫書をして・・・ドリルの穴開け用にポンチげ位置を打ち込んで行く・・・

【プラッター部分の穴開け準備】
3287-07プラッター部分の穴開け準備

おつぎは・・・上側の板と同じプラッター部分の穴開けの準備として・・・穴の罫書をして・・・その内側にドリル位置のポンチを打ち込んで行く・・・

【回転数切替えレバーのザグリ】
3287-08ドリルで穴開け自在ノコで連結

まずは、回転数切替えレバーの金具取付部分のザグリを開けて・・・

【アーム根本と電源&リフトアップレバーのザグリ】
3287-09リフトレバーのザグリ

おつぎは、トーンアーム部分のザグリと・・・電源&リフトアップレバーの金具取り付け部分のザグリを開けて・・・

【金具取付用のな時穴にタップを切る】
3287-10金具取付用のな時穴にタップを切る

で、リフトアップレバーの金具取付のためのネジ穴のタップを切って・・・

【一番の大穴に突入】
3287-11最も大穴に突入

でもって、ここからが最大の難関・・・プラッター部分の大穴を開けるため・・・まずは、ドリルで穴をつぎつぎ開けて・・・間を自在ノコで連結していく・・・

【ようやく大穴が開いた】
3287-12やっと穴が開いた

ってわけで・・・ようやく一番の大穴が開きました・・・疲れた~!(^^;

午後から始めて・・・深夜を回って、ようやく下穴が開いた状態で・・・

ここから整形しないと・・・なんですが、力尽きたので、今日はここまで・・・

つづきは明日に・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3288】170707-8 PL-25E改の大改造?(その5)中編・・・(^^; 

さて、延々とつづくPL-25E改の大改造・・・トッププレートのアルミ板での自作なんですが・・・金属加工は、道具無しに手作業でやろうとすると、ホントに疲れます・・・とほほ(;_;

ってわけで、行き当たりバッタリの現物合わせの工作で・・・トッププレートの2枚のアルミ板の間に、同じ5mm厚のアルミ板を追加するため・・・

昨日は、おおよその穴開けが終わったところまでをアップしたんですが・・・(^^;

今日は、さっそくそのつづきを・・・

【バリ取り整形の上3枚重ねに】
3288-01バリ取り整形の上3枚重ねに

で、ドリルで穴開けした後、自在ノコで連結する方法で、おおよその穴を開けて・・・ドリル穴のでこぼこ分をヤスリでシコシコ整形・・・って、これがしんどいんです・・・(^^;

でもって、加工したアルミ板を真ん中に挟んで・・・3枚重ねに・・・

【裏側のスイッチルイの干渉を確認】
3288-02スイッチ類の干渉を確認

で、裏側にスイッチ類を装着して・・・レバーやステーの干渉が無いかを確認して・・・邪魔な部分をヤスリで必死に整形を・・・(滝汗

【保護シートを剥がした3枚】
3288-03保護シートを挟んで

でもって、ようやく間に挟むプレートが出来たので・・・保護シートを剥がし・・・

【3枚重ねてネジ止め】
3288-04三枚重ねてネジ止め

で、これまで同様に・・・プラッター穴周りに開けた3箇所のネジ穴を、M3ネジで連結・・・

【四隅をM4ネジで固定】
3288-05四隅をM4ネジで固定

今回、プレートの四隅にネジ穴を追加で開けて・・・M4ネジで連結固定・・・

【モーター振動のアーシング部材】
3288-06モーターのアーシング部品

で、今回は新たに・・・トーンアームやヘッドシェルの振動アーシングに味を占め?・・・モーターの振動をアーシングすることに・・・(^^;

切り抜いたアルミ板の切れ端にダンプ用のエプトシーラーを貼り付け・・・(画像上)モーターブラケットと接する側にエプトシーラーのホルダーを貼り付け、中にφ5mmのステンレス球を装着して・・・

【トッププレート裏に振動吸収素子】
3288-07トッププレート裏に振動吸収素子

で、トッププレートの裏側に作成した振動吸収素子を3個貼り付けて・・・

【モーターブラケットを装着】
3288-08モーターブラケットを装着

でもって・・・その上にモーターブラケットを装着するのですが・・・

【アーシング素子】
3288-09アーシング素子

実際には・・・上の画像のように天地逆で・・・トッププレート(一番上のアルミ板)にゴムダンパーを介してモーターブラケット(一番下の鉄板)がネジ止めされてて・・・

その鉄板の上にステンレス球(エプトシーラーで隠れてる)が接してて・・・そのステンレス球の上に振動吸収子(真ん中の切り口の汚いアルミ板)が乗っかってて・・・これを、トッププレートとの間のエプトシーラーでダンプする・・・って構成(^^;

ホントは、アーシングの有無を確認しながらやるべきなんですが・・・チューニングは、いずれやるとして・・・まずは、アーシング素子を仮装着しちゃいました・・・(滝汗

【モーターとスイッチ類を装着】
3288-10モーターとスイッチ類を装着

で、モーターをブラケットに取付・・・電源&リフターのレバーや回転数切替えスイッチを装着して・・・

【ケースにトッププレートを仮装着】
3288-11ケースにトッププレートを仮装着

でもって、トッププレートをひっくり返して・・・ケースに仮装着・・・

【防音ゴムと化粧板を装着】
3288-12防音ゴムと化粧板を装着

で、モーターの回転音が少しでも漏れないように、モーター周辺の穴に、防音のため、ゴムスポンジを貼り付け・・・回転数切替えスイッチ(左下)と電源&リフタースイッチ(右下)の化粧板を取り付け・・・

あれ?・・・残り、組立だけなんですが・・・今日はここで時間切れ・・・(滝汗

なので、つづきは明日に・・・(^^;

ってわけで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3289】170707-8 PL-25E改の大改造?(その5)後編・・・(^^; 

さて・・・ホントなら、昨日のお話しで組立完了して、音聞きまで行くはずが・・・今回も意外に画像をたくさん撮ってたので・・・(滝汗

とは言え、未明から下穴の縁をヤスリで整形はじめ・・・スイッチ類の干渉部分の整形が終わったのが昼前・・・

午後から、アーシング素子を作成して・・・昨日の最後、化粧板を装着したのは、もう夕方ってわけで・・・(汗

と言うことで・・・今日は、最後の組立から・・・

【アームとアームレストを装着】
3289-01アームとアームレストの装着

で、まずは・・・なんちゃってピュアストレートアームと、そのアームレストをトッププレートに取り付けて・・・

【アームリフターやスピンドルを】
3289-02スピンドルとアームリフター

でもって、ケースごとひっくり返して・・・アームリフター機構やスピンドルを装着・・・

モーターの制御基板と電源ジャック&回転数調整板もケースに固定して・・・

【背面の端子板の装着】
3289-03背面の端子板を装着

トーンアームの内部配線を端子板にはんだ付けして・・・端子板をケースに装着・・・

最後に、裏蓋を装着して・・・

【プラッターの装着】
3289-04プラッターの装着

再びケースをひっくり返して・・・ゴムベルトとプラッターを装着し、ダストカバーを取り付ければ・・・準備OK?・・・(^^;

【カートリッジやシートも装着】
3289-05シェルやシートも乗せて

ってわけで、MC-9を装着した回転シェル、バランスウェイト、補助ウェイト・・・回転シェルとアームピボットにアーシング素子を取り付けて・・・

アームクリーナーとオートアームリフターも装備して・・・これで、再生準備完了!(^^;

【新生PE-25E改で聞いてみる】
3289-06新生PE-25E改で聞いてみる

で、さっそくつぎつぎレコードを聞きまくり・・・

感触的には・・・まず、プラッターの回転が静かで滑らかなのは・・・トッププレートとプラッターの隙間がほとんど無くなった、視覚的効果かも知れませんが・・・よさげな感じ(^^;

うん?・・・やっぱり、気のせいでは無さそう?・・・ひょっとすると・・・ってか、ひょっとでは困るんですが・・・モーターに装着したアーシング素子の効果かも?・・・(^^;

あと、この背景の空間の重みと静けさには・・・トッププレートが3枚重ねになったことによる部分もありそうな気がするんですよね・・・

ま、一番の効果は・・・めっちゃ大変だった金属加工の疲労から来る達成感?・・・(^^;

で、つぎつぎ聞き進むうち・・・いくつかやりたいことが・・・(^^;

一番は・・・4隅のM4ネジ・・・ホントは、六角のキャップネジがよかったのですが・・・手持ちに無くて・・・ま、これは近いうちに入手するとして・・・(汗

もう一つは・・・モーターのアーシングが今のままでいいのか?・・・3個でいいのか?・・・サイズは3個とも微妙に違うけど・・・厚みは同じでいいのか?とか・・・

それに、スピンドルシャフトのアーシングも試してみたいなあとか・・・(^^;

と、この時はまだPL-31E改との差が思ったほど詰まっていないことに気付かずに・・・

ってか・・・実は、現時点でも、その差の原因はハッキリしていなくて・・・

ま、ぼちぼち探るしかないですね・・・ってわけで、超大作の改造記だったのに・・・飛びっきりの結果が得られたわけでもなく・・・今日のところはこの辺で・・・(滝汗

で、明日は?・・・ちと寄り道?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3290】170708 SONY XL-MC5を追加入手?・・・(^^; 

さてさて・・・メインプレーヤーPL-31E改をお手本に・・・なんちゃってな自作を重ね・・・その差を詰めるべく、何度も追加改造を繰り返しているPL-25E改ですが・・・

機能的には・・・低トルク小型DCモーター化・・・スピンドルシャフトの接触面積削減改造・・・プラッターのなんちゃってマグネフロート化・・・自作なんちゃってピュアストレートアームの装着・・・と、残るは、スピンドルシャフトのベアリング化のみ?な状態に・・・(^^;

ま、効果の良し悪しが問題ですが・・・オリジナルには無い、ピボット軸&軸受のオールチタン化・・・回転シェルの適用に加え・・・振動のアーシング対策と・・・

今回の追加大改造で・・・トッププレートのアルミ化を実施・・・同時に、モーターブラケットへの振動アーシング対策と・・・

いや、ひょっとすると、ご本家PL-31E改に迫る?・・・上手く行けば越えることも出来るんじゃないかと期待してたんですが・・・あれれ?静寂感や音の質感、安定感は、まだPL-31E改が上回る!・・・(@@;

何でそんなに差があるの?・・・ってか、今回の追加大改造は、逆効果なの?(滝汗

で、これをハッキリさせるには・・・何はともあれ、カートリッジの違いが大きいでしょ?ってのは認識してて・・・

なんと言っても、つい先日までPL-31E改には、音数も鮮度感も解像度も優れるVICTORのMC-1を装着していたので・・・そりゃあ違うでしょう?って言えたんですが・・・

MC-1の片チャンネルが昇天して旅立ってしまったので・・・カートリッジの違いとしては・・・PL-31E改は、ZYXのBROOM2に対して・・・PL-25E改は、YAMAHAのMC-9ってことで・・・中古価格で比べても5倍の差ゆえ、PL-25E改が劣るのは仕方ない?・・・

ってわけで、どこかで、同じカートリッジでの聞き比べをして、プレーヤーのポテンシャルの差が何故か?ってのを確認したくて・・・(^^;

で、過去最高と喜んでたMC-1が昇天して、奈落の底に落ちてたものの・・・返金保障って一縷の望みを与えてもらい・・・これで、ポチッと・・・(滝汗

【この日届いたのは?】
3290-01この日届いたのは?

ってわけで・・・この日届いたのは・・・こちら?・・・

【こちらのカートリッジ(^^;】
3290-02こちらのカートリッジ

えっと・・・既にめっちゃ好印象で・・・milonさんからサポートいただいたベース部を装着して、更に絶好調なSONYのXL-MC5ですが・・・それゆえ、この比較のために同じカートリッジを追加入手したと・・・(^^;

ま、ホントなら、ダイレクトカップリングの後続を押さえたいところですが・・・プリントコイルの断線という爆弾を抱えてるのでもう一度って気には・・・(汗

と言うことで・・・前のMC-1のこともあるので・・・

【XL-MC5を装着し】
3290-03XL-MC5を装着して

まずは届いたままで、XL-MC5をPL-25E改に装着して・・・

【PL-25E改で聞いて見ると】
3290-04PL-25E改で聞く

タップリの期待を持って、聞いて見ると・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん!

やっぱ、いいんでないかい!・・・(^^;

確かに、音数、ダイレクト感みたいな部分では、旅立ったMC-1に分があるんですが・・・

滑らかさと厚みとナチュラルな実体感・・・特に中低域の安定感、バランスは、とっても魅力的なんですよね?・・・(^^;

バランス的には、ZYXもいいんですが・・・も一つ上の抜けと実体感は物足りなくて・・・(汗

ってわけで・・・同一環境にして個体差の有無を確かめていないので・・・単純比較が出来るかは分かりませんが・・・一応、比較用の重要アイテムが揃ったと言うことで・・・(^^;

で、今日のところは、この辺でお終い・・・明日は?(^^;

ちょっと心残りな1点を?・・・ハハハ、また寄り道です・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3291】170709 この日の収穫&PL-25E改の大改造?(その6)・・・(^^; 

さて、この日は毎度の実家のフォローで・・・朝から実家へ戻り・・・メタ糞暑い中、肉体労働に勤しみ・・・正直、完全にヘロヘロ状態で・・・(滝汗

で、実家からの帰りに、いつもの寄り道を・・・(^^;

【この日の収穫は2枚】
3291-01この日の収穫

でもって・・・収穫して来たのは、この2枚・・・この半年で、売り場が2/3くらいに縮小されて・・・置いてある盤の平均価格が上がってる気がして?・・・以前より平均価格が2割くらい上がってるんじゃないかなあ・・・(滝汗

で、この2枚とも、以前ならワンコイン+α前半なのに、後半になってます・・・(滝汗

左が、MadonnaのMadonna・・・ファーストアルバムですね・・・1983年録音の国内盤・・・

おなじみのLucky Star、Borderlin、Burning Upと・・・っと、ドンシャリ、ビシバシかと思いきや?・・・意外に大人しい目でメロウなアレンジだったんですね・・・もっとズンドコ、ギンギンなイメージがあったんですが・・・PVとかのイメージからかなあ・・・(^^;

いやホント、意外に素直なバランスでクリアな録音で・・・あ、眠い目なうちのシステムのせいでそんなイメージになるのかな?・・・(滝汗

右の2枚目は・・・こちらも懐かしのOlivia Newton-JohnでLove Performance・・・1976年録音の日本盤ってか、日本ライブ盤・・・

昔結構カントリーが好きで・・・ジョン・デンバーでカントリー・ロードからの繋がりできいてたかと・・・で、イルカがどうこうで、一度お蔵入りなったのが81年に出たとか・・・ってゴタゴタが無ければよかったのですが・・・それ以降全く聞かなくなっちゃって・・・(^^;

でも、このライブは、実際にはそのゴタゴタの前の日本公演のライブ盤なので・・・懐かしい雰囲気のままで・・・録音は、日本のホールでのコンサートらしい録音で・・・っと、大阪フェスティバルホールでのライブだったのですね・・・(^^;

と、同時に実家からの帰りにホームセンターで入手して来たのが・・・

【ステンレスのキャップネジ】
3291-02ステンレスのキャップネジ

えっと・・・先のPL-25E改の大改造(その5)で書いてた化粧ネジ?として・・・

で、さっそく工作を・・・って、元のM4ネジを外して付け替えるだけですが・・・(滝汗

【四隅のネジを交換】
3291-03四隅のネジを交換

で、四隅のネジを交換したのがこちら・・・

えっと?音的に何かかわるのかって?・・・いやいや、全くそんな効果は無くて・・・単に見た目的にこの方がいいかな?ってだけでして・・・(滝汗

それより、振動伝達の対策として、何らかの工夫をし他方がいいかな?って思いはあるのですが・・・今のところ、これと言ったイメージが無いので・・・(汗

構造的には、トッププレートは5mm厚のアルミ板が3枚重ねなんですが・・・一番下の1枚には、センタースピンドルも固定されてて、フローティングされていますが、ベルトだライブのモーターもぶら下がってますので・・・振動源となってて・・・

一番上の1枚には、トーンアームを取り付けているので・・・この間を振動遮断すべきか?あるいは、プラッターからアーム、カートリッジまでのサークルは、繋がっている方がいいって話も聞くし・・・(^^;

ま、この辺は・・・今後、何らかの実験をしないと駄目かな?って・・・(^^;

そんなことを思いつつ・・・この日は大した成果も無く?・・・夢うつつに・・・

ってわけで、今日のところはこの辺で・・・(汗

明日は?・・・この新生PL-25E改のなんちゃってピュアストレートアームでチタンピボットの実験をやろうかな?と・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3292】170710 PL-25E改のオールチタンピボット化?:予備実験・・・(^^; 

さてさて・・・メインプレーヤーのPL-31Eの改修?だ、自作真似っこPL-25E改の追加改造?だと・・・つぎからつぎへと・・・もう何が何やらよく分からない状態?・・・(滝汗

ではありますが・・・σ(^^)私的には、現在メインのPL-31E改のポテンシャルの高さを認識しつつも・・・追加の大改造を施したこともあり・・・なんちゃって真似っこ自作主体のPL-25E改への思い入れが強まりつつありまして・・・(汗

出来れば、PL-25E改のポテンシャルを、PL-31E改に近付けたいわけで・・・(^^;

ホントは・・・今回のトッププレートのアルミ化と、モーターへのアーシング対策で、PL-31E改を追い越せるのではないか?くらいに思ってたんですが・・・(滝汗

なかなか難しいもので・・・まだまだ、その差は歴然と・・・(@@;

で、この差を埋めるべく・・・まずは対等な比較ができないかな?と・・・

って、実際には、ほとんど偶然と言うか、後付?・・・MC-1が昇天し、返金対応してもらったことで・・・結果的に予備機がいるかなと思ったのもあって、比較も可能になることだしとXL-MC5を追加入手したわけで・・・(^^;

と言うことで・・・まずは、環境条件を合わせるためもあって・・・

追加の大改造も施したPL-25E改のなんちゃってピュアストレートアームのピボット軸を、チタン化してみようと・・・

既に、ピボット軸受は、チタンネジ化が済んでいて・・・

【3281】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(前編)・・・(^^; [2017/08/01]
【3282】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(後編)・・・(^^; [2017/08/02]

期待以上のチタンの効果に大喜びしたわけで・・・(^^;

【3283】170702 届いたモノとピボット軸のチタン化の準備?・・・(^^; [2017/08/03]

で、あまりの効果に調子付いて・・・PL3-31E改のご本家、ピュアストレートアームにチタンピボット軸を入れて・・・これまたその効果に大喜び・・・(^^;

ってわけで、今日のテーマ・・・自作真似っこPL-25E改のなんちゃってピュアストレートアームのピボット軸を、ステンレスから、チタンに交換してみることに・・・

なんですが・・・先に、一旦ここで直近の対策の効果を再確認&効果の大きさ?を整理しようかな?って思いまして・・・

と言うことで、まず、PL-25E改で・・・振動アーシングの効果を再確認するため・・・この時点で簡単に戻せる標準状態からの確認と言うことで・・・

なんちゃってピュアストレートアームは、ステンレスピボットにチタンネジの軸受で・・・

【XL-MC5をアーシング無しで】
3292-01PL-25E改にXL-MC5アーシングなしで

アーシング素子はシェル、ピボット上ともに外した状態で・・・本日のスタート状態を確認してみることに・・・

音源は、MALTAのCABIN RACINGのテーマを・・・デジタル録音ですが、音の変化が確認し易いので・・・

で、ベースの状態にヘッドシェルのアーシング素子を乗せて聞いて見ると・・・

おお!・・・明らかに背景が静かになって、細かな音が音がよく聞こえるようになって・・・重心も下がって低音もしっかり出る太い音に・・・音の出所がハッキリとして・・・エコーの余韻も伸びてるし・・・広がりも増してるみたいで・・・(^^;

やっぱり、予想外に効果の大きさが感じられます・・・ちょっとσ(^^)私はカートリッジの筐体振動の影響の大きさを舐めてるところがあるってことですね・・・(滝汗

【アーシング素子フル装着】
3292-02アーシング素子装着

と言うことで・・・シェルでこれだけ変化すると、ピボット軸上のアーシング素子は、そんなに効果が出ないんじゃないかな?って思いつつも確認してみると・・・

ええっ!(@@;・・・また一層音が締まって音圧も上がった?・・・曖昧さがグッと減るんですね・・・ちょっと重心が上がったと言うか・・・中高域の音の滲みが無くなって、高域がすっきり見えて来た・・・音の立ち上がりと制動がよりハッキリしてきた感じで・・・広がりが一層増した・・・

やはり、この2つの効果を聞くと・・・シェルからの振動の影響は大きいけれど・・・トーンアームの振動の影響は、アームのベースから、アーム自体に伝わる振動からも、結構影響を受けているってことなのかな?と・・・ま、再確認(^^;

と言うことで・・・この状態でも、相当ピュアなサウンドをしっかり送り出せるようになってると自負してるわけですが・・・

ここで、一旦、お手本のご本家・・・PL-31E改を聞いておくことに・・・

なんですが・・・今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3293】170710 PL-25E改のオールチタンピボット化?:本実験・・・(^^; 

さて・・・なんでまた?前に1回確認したんじゃないの?って突っ込まれそうですが・・・確かに、個々の効果は確認したんですが・・・総合的にどれほど変わったか?ってのと・・・

ここまで、気になりつつも、通しの確認が出来てなかった・・・お手本PL-31E改とPL-25E改のポテンシャルの差と、その原因探りたくて・・・(^^;

と言うことで・・・昨日は、PL-25E改でのアーシング素子での効果を確認して・・・

ここからが、本日のテーマ・・・お手本PL-31E改での最大パフォーマンス確認を・・・

ということで・・・PL-31E改にAT-666改を乗せ、レコードを吸着させて・・・カートリッジは、milonさんのベースに装着してMITCHAKUシェルに取り付けたXL-MC5で聞いてみると・・・

おお、なんと太い音!・・・重心が低くどっしりとしたバランスで・・・音がしっかりグリップして飛び出すと言うか・・・立ち上がりが力強い感じで・・・

うん?・・・この音の立ち方は?・・・バランスやグリップ感はともかく・・・立ち上がりと飛び出す感じの締まりは、どこかで聞いたことがあるような気が・・・

あれ?・・・ひょっとするとこれか?・・・フォノイコの下に敷いたインフラノイズのアリエナイザーの効果?・・・(滝汗

ってわけで・・・PL-25E改に吸着スタビ(AT-666改)を乗せて・・・milonさんベース&MITCHAKUシェルのXL-MC5を付けて・・・

でもって・・・PL-25E改側のフォノイコ(PH53)にアリエナイザーを敷いて聞いて見ると・・・

あっ!やっぱり・・・背景のざわつきと重心の高さには、まだ差がありますが・・・音の立ち方やグリップ感、音が飛んで来る感じは・・・かなりPL-31E改に近付いた!・・・(^^;

となると・・・PL-31E改と25E改の差は・・・milonさんのベースの効果とアリエナイザーの効果が大きくて・・・実際には、結構縮んでいたってこと?・・・(汗

ってことは・・・今日のメインテーマのPL-25E改のピボット軸のチタン化をすれば?・・・更にこの差は縮まるんじゃないか?と・・・

【PL-25E改のピボットをフルチタン化】
3293-01PL-25E改のピボットフルチタン化

で、PL-25E改のピボット軸をステンレスからチタンに変えて・・・アーシング素子もフル装着(シェルの上とピボット軸上)して・・・カートリッジはノーマルXL-MC5に戻して・・・もう一度聞いて見ると?・・・

おっ!・・・音の出所がハッキリして・・・滑らかで粒立ちのいい音で・・・音の立ち方も似て来て・・・グリップ感のある飛んで来る感じも出て来た・・・

やはり、ピボット軸のチタン化・・・ってか、ピボットのフルチタン化の効果は、結構大きくて・・・その滑らかで解像度の高い音の粒立ち・・・演奏の抑揚や雰囲気が分かり易くなる感じはσ(^^)私的には、非常にいい感じで・・・

あと、バランスと言うか・・・重心が下がって太い音になるところ・・・安定感とグリップ感みたいなところは・・・milonさんベース&MITCHAKUシェルによるのかな?・・・(^^;

ってわけで、念のため・・・カートリッジを・・・

【milonさんベース&MITCHAKUシェルに】
3293-02milonさんベースのXL-MC5では?

milonさんベース&MITCHAKUシェルに変えて・・・もう一度変えて聞いて見ると・・・

ほら・・・やっぱり重心が下がって太い感じに・・・安定感とグリップ感も出て来た!・・・

と言うことで・・・今一つハッキリしなかったPL-31E改と25E改の音の違いの原因が、おおよそ見えて来たかな?と・・・(^^;

ただ、それでもまだ・・・微妙に違う、音の雰囲気?質感の違いがあるんですが・・・

この辺は?・・・多分、PL-31E改がスピンドルのベアリング化をしてるのと・・・PL-25E改がモーターの振動アーシングをしてるって対策の違いかな?と・・・(^^;

実際には、この質感の違いは意外に大きくて・・・PL-31E改の上質な感じは、スピンドルのベアリング化の効果かな?と・・・で、これに迫ったPL-25E改の実力を考えると・・・モーターの振動アーシングも結構効果を上げているって気もしてきた・・・(^^;

ってわけで・・・PL-31E改にも、モーターの振動アーシングは効果がありそうだし・・・PL-25E改のスピンドル周りへの対策も効果がありそうってことも認識出来たかな?・・・

で、今後の課題もハッキリしたところで・・・今日のところはお終いに・・・(^^;

明日は?・・・ちょっと息継ぎを・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3294】170714 この日届いたレコードを洗っては聞く・・・(^^; 

さて、どうにかこうにか?お手本PL-31E改のサウンドに近付いて来たPL-25E改・・・元々改造母体のグレードが違うわけですから、そのままでは追いつくことは無理なわけで・・・

ドライブモーターは、いずれも同じ小型のDCモーターに換装済みですが・・・

母体のポテンシャルの差としては・・・PL-31E改のトッププレートがアルミダイキャストに対して・・・PL-25E改は、スチールのプレスでしたが・・・これを5mm厚3枚のアルミ板に変更しましたし・・・

昨日のコメントでいただいたように・・・25E改は、木製のダンプをしていますが、プラッター重量が300gほど軽いわけで・・・ターンテーブルシートを同じ吸着スタビ(AT-666改約1.5Kg)に変えたことで少し差が縮まったのかな?と・・・(^^;

で、その他の違いはと言うと・・・1.1ポイントサポートのピュアストレートアームが、PL-31E改はmilonさん製のしっかりした作りに対して・・・25E改はσ(^^)私の手加工?のなんちゃってピュアストレートアームですし・・・

あ、厳密には・・・PL-31E改のピュアストレートアームの内部配線は銀ポーラス線に対し・・・PL-25E改は、40年近く前の銅線のままで・・・(滝汗

後、大きな違いは・・・PL-31E改のスピンドルは、トッププレートへの接触面積が大きいアルミダイキャストのケースで、更にベアリング化したものなのに対して・・・25E改は細い真鍮ケースの滑り軸で・・・パッと見でも、ここは大きな差が出そうな気が・・・(汗

その一方で・・・25E改には、DCモーターのブラケットに振動アーシングのための素子を3つ装備している?ので・・・モーターからの振動のイズは意外に少ないのでは?と・・・(^^;

ってわけで・・・25E改のスピンドルが、一番何とかしたいところでありますが、金属加工の術が・・・何とか素人工作で出来ないか?を思案中・・・玉砕・没ネタになるかも?(滝汗

で、代わりに、スピンドルのアーシングを検討中・・・(汗

その他・・・アームの内部配線の変更もやりたいし・・・逆に、PL-31E改のモーターやスピンドルへの振動アーシングもやってみたいし・・・

ま、そんな次なるテーマを思案しつつも・・・

【洗っては聞き】
3294-01毎度の洗っては聞き

この日は届いたレコードを、毎度の自作超音波洗浄機で洗っては聞くことに・・・(^^;

で、最近は、娘のフェイスブラシ?も使ってて・・・φ3cm位極細のナイロン?の毛が束になったブラシで・・・超音波洗浄の前後に、洗面所で盤の溝に添ってこのブラシで洗っうと、プチパチの減りが早いです・・・(^^;

【届いたレコード(その1)】
3294-02届いたレコード(その1)

で、この日届いたレコード・・・上2枚が、長谷川きよしで、左がファーストの一人ぼっちの詩で、右がセカンドの透明なひとときを・・・なんですが・・・実は、過去に聞いたことは無かったんですが、音友達に薦められて・・・(^^;

盲目のシンガーソングライターと言うことですが・・・基本的にギターの弾き語り中心で・・・透明な歌声で・・・曲調はいろいろで、シャンソン風からボサノバ風まで・・・

何となく独特のシャンソンのような語りかけるような歌い方で・・・歌の言葉にとても重みや意味が感じられて・・・いつの間にかじっくり聞き入ってしまいます・・・

おつぎは・・・左下のユーミン・・・14番目の月で・・・初期の盤で持ってないものをピックアップしたつもりだったのですが・・・なんかどこかで見たような気も・・・

【3206】170422 回転シェルをノーマルに&届いた雑誌とレコード・・・(^^; [2017/05/18]

あちゃ~!・・・やってしまいました(滝汗・・・干乾びたキリギリスの癖に、しっかり手持ちを確認しないから・・・大反省・・・(汗

そう、何といっても中央フリーウェイが聞きたくて手に入れたんでした・・・それにしても凄いですね?・・・当時アルバムを聞いてたわけでもないのに、どのアルバム聞いても、聞いたことのある曲が入っているなんて・・・いやあ、懐かしい(^^;

おつぎは・・・右下の矢野顕子の4枚目のアルバム、ごはんができたよ・・・

最近、上原ひろみとのライブやCMで目立ってる?・・・このアルバム、曲も歌も矢野顕子ワールド全開なんですが・・・YMO色の非常に強い?アルバムで・・・めちゃご機嫌!(^^;

【届いたレコード(その2)】
3294-03届いたレコード(その2)

で、おつぎは・・・左のRon Carter With Eric Dolphy,Mal WaldronでWhere?・・・1961年録音の1990年再発米盤・・・結構、若いときのアルバムですが・・・既に渋めの品のある演奏で・・・メンバーも同様に渋くサポート・・・(^^;

最後は・・・峰純子・・・Junko Mine With Special Guests :had Jones & Mel Lewisで、A Child Is Born・・・1976年録音の国内盤・・・ファーストアルバムで・・・肩肘張った感じが無くて、なにげにリラックスして聞けるアルバム・・・でも、飽きない・・・

と言うことで、今日はここまで・・・明日は?・・・試聴会ネタ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3295】170715 CSポートの超度級アンプとプレーヤー試聴会へ(1)・・・(^^; 

さてさて・・・拙宅では、お手本PL-31E改とPL-25E改をとっ変えひっ変えしながらも・・・結局、ず~っとアナログ三昧・・・時折、ヒモも聞いてはいるんですが・・・(^^;

あ、唯一聞いているデジタルが・・・毎日、個性的なパーソナリティーが独特な切り口で語る・・・ミュージックバードのTHE AUDIOのエアチェック音源・・・(^^;

ただ、オーディオで聞いてるわけでは無くて・・・通勤途中に・・・(汗

でも、比較実験とか・・・充分、その音の違いも分かって・・・めっちゃ楽しんでます(^^;

ってのは、さて置き・・・アナログ三昧ゆえ・・・雑誌もアナログ系の記事に目が・・・

で、このところ話題なのが・・・新生メーカーのCSポート・・・(^^;

2014年に富山に起こされた会社だそうで・・・代表は、元スイッチング電源メーカーで設計をされていた方で、リタイヤ後にこの会社を・・・

オーディオがパッとしないこの時期に?と思ってたら・・・他のガレージメーカーも最近テレビで話題になってたり・・・

どうやら、ターゲットは海外の富裕層のようで・・・世界には、お金に糸目をつけない、飛びっきりリッチなユーザーがいっぱいいるみたいで・・・はぁ(@@;

【CSポートの試聴会】
3295-01CSPORTの試聴会

で、この日の試聴は・・・モノラルパワーアンプ212PA、アナログディスクプレイヤー LFT1、フォノイコライザーアンプC3EQを聞くためのイベントで・・・

【モノラルパワーアンプ212PA】
3295-02モノラルパワーアンプ212PA

会社を起こされてから、発売まで2年ほどかかったのは、安全設計のためだとか・・・

【アナログディスクプレイヤー LFT1】
3295-03アナログディスクプレイヤー LFT1

でもって・・・プレーヤーも原型は、既に7年位前に出来ていて・・・リニアトラッキングアームが、昨年の秋までかかって製品化に漕ぎ着けられたとか・・・

今回は、間に合ってないけれど・・・プリアンプも来年発売される予定とのことで・・・

この試聴会では、プリアンプはアキュフェーズの3850で、スピーカーはB&Wの800D3を使われてました・・・(^^;

で、まずはこのアンプから・・・こだわりは、ご自身の経験を活かして電源にスイッチング電源を使われていることと・・・無帰還だと言うこと・・・

ちなみに、プレーヤーのモーター駆動もサーボコントロールをかけておられないと・・・これによってノイズフロアが1段下がったとか・・・

それから、ノイズ処理には相当な自信をお持ちで・・・基本的に低い周波数は、重量で押さえ、高い周波数は、吸音しているとのこと・・・電源は全てスイッチング電源を使い、100K~200KHzの発振周波数でのノイズだけでなく、数十MHzまでのノイズを取っているとか・・・

と、代表の方のお話に続いて・・・いよいよ試聴に・・・

で、まずは、モノラルパワーアンプ212PAを・・・一般的にこの球を使いこなしたメーカーはほとんど無くて・・・と言うのも、電源が巨大になり90Kg~100Kgになってしまうため、参考出品止まりとなるから・・・で、これを実用化するため、スイッチング電源開発のノウハウで、1台24.5Kgに抑えることで製品化を実現されたと・・・

と、最初は・・・CDで声をと・・・Ian Bostridge (Tenor)、Julius Drake (Piano)でシューベルトの歌劇からHeidenroslein, D.257をかけられた・・・

おお、なんと静かな背景、澄んだ声・・・なるほど、自信溢れるお話しの根拠が、簡単に納得できるサウンド!・・・球の肌触りや音の浸透力、響のよさを持ちつつ驚異的なSN感を実現されている・・・

と、曲が終わって・・・普通、半導体のアンプでは、無帰還は考え辛く、多段増幅で負帰還をかけて20数dBのゲインを稼ぐ、そして広帯域にしてひずみを落とす・・・例えば、2段増幅とか6dBや12dB程度の少ないゲインのアンプは難しい・・・

ところが、真空管なら、今このアンプは2段増幅で・・・ヒーター電圧には1400Vほどかけ、212の動作点のよいところ・・・負担をかけずに安全にひずみ無く増幅できる・・・

ただ、一般的にトランス式の電源で、1000V以上の電圧を取ろうとすると、3000Vくらいの耐圧を確保しなければならず、非常に大変で巨大になってしまう・・・それをスイッチング電源だからこそ実現できていると・・・

で、おつぎにかけられたのは・・・カンターテドミノのレコードを・・・

なるほどねえ・・・やはり非常に澄んだ音が印象的で・・・オルガンの低域もダブついて破綻すること無く・・・と言うより、B&Wの800D3を、これまで聞いた中では、最も雄弁に歌わせている印象すら抱いた・・・(^^;

よく、半導体アンプでは、裸特性をよくしましたなんて解説が入りますが、この無帰還の真空管アンプは、低域から高域まで、裸特性そのままです・・・そのために様々なノウハウを使っていて、入力にはトランスを使い、ここでもノウハウを充分使っていますと・・・

で、おつぎは・・・っとっとっと、気が付けば、今日の時間切れ・・・(汗

なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3296】170715 CSポートの超度級アンプとプレーヤー試聴会へ(後編)・・・(^^; 

さて、40年前のジャンクプレーヤーを改造し、スーパープレーヤー?として生まれ変わらせ、ご機嫌なアナログ三昧を進める中・・・

遅咲きの新生国内メーカーの本当のスーパーアンプ&プレーヤーの試聴会へ・・・(^^;

興味深いのは、超度級な送信管による真空管アンプと重量級ターンテーブルにリニアトラッキングアームによるマジなスーパープレーヤーで・・・

アンプは、スイッチング電源に無帰還と言う、中央こだわりな構成で・・・そのサウンドは、一聴、驚くほどのSN感で・・・ノウハウを持った設計者が本気で作ればスイッチング電源でもここまで澄んだサウンドが出せるのかと驚くばかり・・・

と、デジタル系の機器をメモり忘れてましたね・・・送り出しは、TADのD600で・・・冒頭のテノールがこのプレーヤーからの再生で・・・つづいて、かけられたハイドンのカルテットもCDからで・・・

ま、D600は特に色付けなくどっしりした再生のプレーヤーだったかと思うんですが・・・混濁や濁り、曇りを感じさせず、特段の強調も無く軽々と心地よく描き出す感じは、いずれの機器も高いポテンシャルを持っているので、それを阻害すること無く高いクオリティーのまま、それこそ軽々と800D3を鳴らしてしまう、この拘りのアンプの実力ということでしょうね・・・

で、おつぎは・・・プレーヤーでレコードを・・・

ベースは、花崗岩で、ミクロンオーダーの平面性にステンレスのプラッターをエアーで浮かせて回す・・・ドライブモーターとはケブラー糸で糸ドライブってこと・・

プラッター上面は擂鉢状で、スタビライザーでレコード盤を密着させるとのこと・・・合わせてシェルも重量がある方が低域がしっかり出ると・・・

あ、そうそう・・・カートリッジは、My Sonic Ultra Eminent Bcとのことで・・・

かけられたのは、グルダが1971年に録音したMPSレーベルから出たアルバム、As You Like ItからBlues For H.Gを・・・

おお!・・・ピアノの低弦がガツンとリアルに・・・この揺らぎない出音が重量級プラッターと擂鉢形状による盤の密着によるってことですかね・・・確かに凄い!・・・ってか、この鮮度と質感で800D3を鳴らすのって・・・送り出しのプレーヤーもカートリッジもフォノイコも凄いんだろうけど・・・やっぱこのアンプしっかりしてますね!(^^;

つづいては・・・アームの説明が・・・こちらもエアーでシャフトからアーム部分を浮かせてリニアトラッキングしている・・・

で、そのトレース力を試すと言うことで・・・

【チャイコフスキーの1812年を】
3296-01チャイコフスキーの1812年を

チャイコフスキーの1812年の最後、大砲のところを・・・ですが、何の不安も無く、これ見よがしなキュ雄蝶も無く・・・平然と再生・・・お見事!(^^;

おつぎは・・・フォノイコの説明から・・・管球フォノイコで、おまけにバッテリードライブとのこと・・・で、かけられたのは・・・

【Amazing Duoを】
3296-02Amazing Duo

チェロとコントラバスのデュオで・・・Amazing Duoを再生された・・・

うん、これも胴鳴りがはっきり明晰に聞こえつつ、へんな強調感のない弦の綺麗な響きがじっくり楽しめる鳴りっぷりで・・・う~ん、この音を1/10の価格で出せないかな?(^^;

と、プラッターとアームにエアを送っているポンプは、小さな振動タイプですが、その振動対策が結構大変だっととか・・・

【キャロルキッドのAll MY TOMORROWS】
3296-03キャロルキッドのAll MY TOMORROWS

おつぎは・・・キャロルキッドのAll MY TOMORROWSからWhen I Dreamを・・・

これは、LINNのレコードですね・・・うちにAloi Recordsの同盤がありますが・・・これ、LINNレコードの音になってますね(^^;・・・うちにあるSACDと同じ傾向で、少し響きが多くて太く厚みがある感じ?・・・でも、音数が多いのはカートリッジから全ての機器の差?(滝汗

【LA4のダイレクトカット盤】
3296-04LA4のダイレクトカット盤

おつぎは・・・LA4のダイレクトカット盤で・・・Just FriendsからNouveau Bachを・・・

あ、これもうちにもありますね(汗・・・でも、音数、厚みともに断然こっちの方が・・・って、これだけのハイエンドですから、そうでないとねえ!・・・ま、でも、これを聞いたから、うちではもう聞けないって程のショックはないので・・・うちの音も、そんなに悪くないのか?って、ある意味ちょっと嬉しかったりして・・・実際は眠い音のうちのシステムを無意識に脳内変換するのに慣れてるからだけなんですが・・・(滝汗

【猪俣猛のザ・ダイアローグ】
3296-05ザ・ダイアローグ

で、最後は・・・猪俣猛のザ・ダイアローグを・・・(^^;

ハハハ、これはうちにはSACDしかありませんが・・・うひょ~!・・・これはもう完全に別物!SACDでは・・・ってか、うちの眠い音では全く太刀打ちできない・・・脳内変換も追いつかない体にダイレクトに来るサウンドの刺激!・・・アナログで、菅野録音だからこその世界って気がします・・・こんな気持ちいいサウンドがいつも体感できたらなあ・・・(^^;

と言うわけで・・・これで、このシステムのポテンシャルがかなり感じられたかな?って感じで・・・かなり、理屈と思いとサウンドがリンクしたシステムかなって・・・(^^;

う~ん、干乾びたキリギリスにはいい耳のお勉強になりました!・・・おおきにですm(_ _)m

ってわけで、このお話しはこれにてお終い・・・明日は?・・・また息継ぎネタ(汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3297】170715 聴診器で振動確認&この日の収穫・・・(^^; 

さて、レコード三昧な日々に、興味を惹かれたCSポートの試聴会へ行って・・・スイッチング電源に対する印象を大きく変えられ・・・

同時に吸着スタビと同方向?・・・行き着く先は、重量級プレーヤーのどっしりサウンドってことも、何気に腑に落ちて・・・(^^;

同時に、送り出しの重要性・・・静かさ?済んだ背景?・・・音楽信号にまで影響を及ぼすと、生命感や勢いが無くなってしまうけど・・・可能な限りSNをよくすれば、非力な機器でも、聞こえて来る世界?・・・てか、見えて来るものがあるようだと・・・

ま、今更ながらに感じた次第で・・・(^^;

そう言う意味では・・・ここまで取り組んでいるプレーヤーの改造・・・低トルクDCモーター化や・・・マグネフロート化、スピンドルの接触面積低減、ベアリング化・・・ってのも、みんな同じ方向に繋がる対策だし・・・

このところの、振動のアーシングってのは、正に外乱、音楽信号以外のノイズを取るためにやってるわけで・・・

あ、そう言えば・・・以前はあれこれ試した際・・・確認のために、聴診器で確認してたのを思い出して・・・(^^;

このところ、テーマになりつつある?・・・PL-25E改とPL-31E改のサウンドの差を如何に詰めるかってところで・・・あれこれ対策して、かなり詰まって来て・・・

残る機構的な違いは・・・PL-31E改優位なスピンドルのベアリング化・・・対するPL-25E改のアドバンテージはモーターの振動アーシング・・・

で、これが現時点で、音にどれほど影響力があるのか?・・・はたまた無いのか?・・・(^^;

ここは一つ、思い出した聴診器で聞いてみようと・・・(汗

【PL-31E改を聴診?】
3297-01PL-31E改を聴診?

ってわけで、まずはPL-31E改のトーンアームのベース付近を聴診器で聞いてみると・・・

あ、微かにモーターの回転音が聞こえる・・・(汗

なるほど・・・もしこれで、PL-25E改が好結果なら、振動アーシングの効果あり?

【PL-25E改を聴診】
3297-02PL-25E改を聴診

ってわけで・・・PL25E改でも同じアームベース付近を聴診器で聞いてみると・・・

おおお!・・・31E改より格段に静か!・・・極々微かに聞こえる程度・・・ってことは、結構振動アーシングの効果があるってこと?・・・(^^;

と、これに気をよくして、あれこれ聴診器で聞いてみることに・・・

まず・・・じゃあターンテーブル上では?ってことで・・・ドライブベルトを外して、モーターを回して、ターンテーブル上の音を聞いて見ると・・・

吸着スタビ上では、どちらもほとんど聞こえない・・・あ、やっぱりPL-25E改の方は、微かに聞こえるかな?・・・(汗

なので、吸着スタビを外してプラッター上を直接聞いてみると・・・あ、PL-31E改は微かに聞こえるようになって・・・PL-25E改は、さっきより少し大きな音に・・・(@@;

なるほど!・・・やっぱり、milonさんが仰ってたプラッターの重量の差ってのが効いていそうな差ですね!・・・(^^;

となると・・・シェルやトーンアームの振動アーシングも差が聞こえるかな?・・・(^^;

ってわけで・・・アーシング素子を外してレコードをかけ(音は出さず)・・・アームベース付近の振動を聴診してみると・・・お、結構聞こえるんですね!(^^;

で、シェルのアーシング素子を装着して聞いて見ると・・・うん?ほんのちょっぴり音が小さくなったかな?・・・やっぱり差はあるような気が・・・

でもって、ピボット軸受上のアーシング素子を装着してみると・・・う~ん、こっちは違いがほとんど感じられない・・・(汗

ま、聴診器でのホントに微かな違いなので・・・プラシーボじゃないの?って言われると、絶対とは言い切れないのですが・・・何気に差がありそうなので・・・(汗

ま、もう少し、いろいろ聞いてみる価値はありそうですね!・・・(^^;

と、興味深い実験だったので・・・この日の収穫があったのを忘れてました・・・(汗

【この日の収穫】
3297-03この日の収穫

左はDiana KrallのWhen I Look In Your Eyesで・・・1999年録音を2009年と2016年にLPででてて・・・2016年のドイツ盤ですが・・・音は手持ちのSACDの音に似てるような気が・・・でも元はアナログ録音?・・・(汗

右は、1985年に出た中森明菜の赤い鳥逃げたの12インチシングルで・・・これはアナログ録音かな・・・CDもこういう生命感が感じられる音だといいのに・・・

と、今日のところは、これにてお終い・・・明日はまたプレーヤー弄り?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3298】170716 PL-25E改の内部配線変更&スピンドルのアーシング・・・(^^; 

さて、アナログレコードを心地よく、お気に入りなサウンドで聞きたいがため?・・・単に弄り回したいだけと言われますが・・・手を加え続けてきたPL-31E改とPL-25E改・・・

両機のポテンシャルの差を詰めるべく、更なる追加改造を進めてきたわけですが・・・

残る機構的差分は・・・トーンアームの内部配線とスピンドルのベアリング化・・・ま、プラッターの重量差は、ターンテーブルシートで何とかするとして・・・

ホントは、真っ先にPL-25E改のスピンドルをベアリングタイプに改造したいところなんですが・・・素人の金属工作では、おいそれと手が出ない・・・(滝汗

と言うことで、今日のテーマは・・・まずトーンアームの内部配線の変更と・・・昨日、聴診器の確認で効果が感じられた振動アーシングの追加対策をやってみようかと・・・(^^;

【内部配線を銀ポーラス線に】
3298-01トーンアーム内部配線を銀ポーラス線に

で、トーンアームの内部配線を・・・40年前のジャンクプレーヤーの内部配線から・・・手持ちにギリギリ残っている銀ポーラス線に変えてみようと・・・

【銀ポーラス線に付替え完了】
3298-02銀ポーラス線に付替え完了

と言うことで、内部配線4本を古い銅線から銀ポーラス線に付替え完了・・・って、この銀ポーラス線って、シースがめっちゃむき難くて・・・おまけに、こてが高温過ぎると芯線が溶けちゃうし・・・結構、手間がかかったりして・・・(滝汗

【アームに配線を通して】
3298-03アームに配線を通して

で、アームに配線を通して・・・

【アームをベースに取り付け】
3298-04アームを取り付け

アームをベースに取り付けて・・・

【配線を端子にはんだ付け】
3298-05銀ポーラス線を端子にはんだ付け

でもって銀ポーラス線を出力端子にはんだ付けして一旦準備完了・・・(^^;

おつぎは・・・もう一つのテーマ・・・振動アーシングの追加と言うことで・・・

残るスピンドルの振動アーシングをやってみることに・・・(^^;

【スピンドルのアーシング部材】
3298-06スピンドルのアーシング部材

で、適当に作ったのが、こちらのアーシング素子・・・(汗

5mm厚のアルミ板の端材に、エプトシーラーの真ん中に穴を開けて・・・φ6mmのステンレス球を放り込み・・・

高さ合わせの木の端材にダンプ用のエプトシーラーを貼り付けて・・・

【裏蓋のスピンドル下に】
3298-07裏蓋に貼り付け

で、真鍮のスピンドルケースの真下にステンレス球が来るよう裏蓋に土台を貼り付け・・・

【その上に振動吸収素子も】
3298-08振動素子も貼り付け

その上に振動吸収素子も貼り付けて・・・裏蓋を装着・・・

これで・・・真鍮のスピンドルケースからの振動を、ステンレス球を経由して、振動吸収素子の5mm厚のアルミ板に伝え・・・アルミ板と裏蓋との間に挟まれるエプトシーラーで振動をダンプするって仕組みに・・・(^^;

【マグネットも装着し】
3298-09マグネットも装着し

で、マグネフロート用のマグネットを装着して・・・プラッターを乗せて・・・

【回転シェルで効果を聞くと】
3298-10回転シェルで試聴

おっと!・・・改修前に比べると、滑らかに結構細かな音が聞こえて来て・・・勢いもあって・・・予想以上にいい感じになった気が・・・(^^;

なるほど、となると・・・やはりPL-31E改とのポテンシャルの差は、銀ポーラス線によるところが大きかったのか?・・・いや待てよ!スピンドルのアーシングもやったやん!(^^;

と言うことで・・・スピンドルのアーシングの効果を確かめてみようと・・・

【聴診器で聞いてみると?】
3298-11聴診器で聞くと

またまた、聴診器でアームベース近くを聴診してみると・・・

うん?・・・微かにモーター音が・・・あれれ?・・・全然変わってない?・・・(@@;

と言うことは、今回の大きな差は、ほとんどが銀ポーラス線のお陰ってこと?・・・(汗

いや、待てよ!・・・ターンテーブルシートの上は?・・・う~ん、やっぱり変わらない・・・じゃあ、ターンテーブルシートを外して、ターンテーブルの上を直に聞いたら?・・・

う~ん、変わったよな変わらないような・・・微かにモーター音は小さくなった?・・・いや、完全にプラシーボの範囲だし・・・(滝汗

ってわけで・・・スピンドルのアーシングは、追試するか・・・別のチューニングをするか・・・ま、ぼちぼちやって行くことにして・・・(^^;

と言うことで、今日はこの辺で・・・明日は?・・・もう一つのチタン化?

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3299】170716 カートリッジ固定ネジのチタンネジ化?・・・(^^; 

<ちょっとお知らせ>
本日、8月19日(土)18時00分から、出水電器さんで、アリオンの最新プリメイン「A-10」とディナウディオ「C2」の試聴会が行われるそうです!・・・(^^;
いずれもとっても興味深い機器・・・大阪でなら駆けつけるところですが、そうはいかないので・・・行ける方は、是非とも行ってみて!


さてさて、なかなか面白くなって来ました!・・・現在ぞっこんのPL-31E改とPL-25E改の改造バトル?ですが・・・(^^;

当初あ、PL-31E改が、アルミダイキャストプレート、プラッターの重量、スピンドルのベアリング化、フォノイコの下に敷いていたインフラノイズのアリエナイザー、トーンアーム内部配線の銀ポーラス線の効果で、大きく水をあけていたものの・・・

PL-25E改のトッププレートのアルミ板化、アーム内部配線の銀ポーラス線化、ドライブモーターm割への振動アーシング対策で、グッと差が縮まってきました!・・・(^^;

と言いつつも、実用時は、PL-31E改側のフォノイコにはアリエナイザーを敷いてますし・・・吸着スタビ(AT-666改)やmilonさん製のベースを装着したカートリッジ(XL-MC5)を使っていますので、その分のアドバンテージは、歴然としているんですが・・・(汗

基礎体力?の部分では、その差が肉薄して来まして・・・

実際、アクセサリーとカートリッジの条件を同じにすれば・・・残る手立ては、PL-25E改のスピンドルのベアリング化のみとなります・・・が、これはまだまだ思案中・・・(^^;

と言うことで・・・今日のテーマは一転?・・・ここまでの改造三昧で、最もその効果が大きかった・・・トーンアームのピボット軸受&ピボット軸のチタン化!(^^;

【3281】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(前編)・・・(^^; [2017/08/01]
【3282】170701 ピュアストレートアームの軸受をチタン化?(後編)・・・(^^; [2017/08/02]
【3283】170702 届いたモノとピボット軸のチタン化の準備?・・・(^^; [2017/08/03]

【3285】170705 この日の収穫物とアームピボット軸のチタン化実験?・・・(^^; [2017/08/05

【3292】170710 PL-25E改のオールチタンピボット化?:予備実験・・・(^^; [2017/08/12]
【3293】170710 PL-25E改のオールチタンピボット化?:本実験・・・(^^; [2017/08/13]

で、今思えば、何で音の入り口であるカートリッジに直接接するネジを最初にチタン化しなかったんだろう?って・・・いや、単に気付かなかっただけだったりして(滝汗

と言うことで・・・今回おもむろに・・・タイトル通り、カートリッジの固定ネジをチタンネジにしてみようかと・・・(汗

って、既にピボットのチタン化とか・・・シェルの振動アーシングとかやってるから、もうそんなに大きな変化は出ないんじゃないの?って思いつつも・・・(^^;

まずは・・・回転シェルにMC-9を装着したPL-25E改のノーマル状態で・・・峯純子のA CHILD IS BORNのB面タイトル曲を聞いてから・・・

【回転シェルのMC-9をチタンネジで】
3299-01MC-9をチタンネジで

MC-9のアルミ?の固定ネジを・・・チタンネジに交換しまして・・・

【チタンネジで聞いてみる】
3299-02チタンネジで聞いてみると

で、チタンネジにしたシェルを取り付け・・・あ、前より軽くなってる・・・でもって、もう一度聞いてみると・・・

お!思ったより変化が大きい!(@@;・・・音が澄んで、暗騒音とか細かな音がよく聞こえるようになって・・・音の出所がハッキリして・・・ボーカルがちょっとスッキリして前に出て来た・・・ベースのぶよつきが無くなったというか・・・曇った感じが無くなって、見通しがよくなった・・・全体に明瞭度が上がって、整理されたけど、音の力強さは増している・・・特にベースの変わり様が大きいなあ・・・(^^;

と、これに気をよくして・・・だったら、PL-31E改のベストパフォーマンスは?と・・・

【PL-31E改のノーマルで聞いて】
3299-03PL-31E改ノーマルで聞いて

まずは、PL-31E改のノーマル・・・吸着スタビ&milonさん製ベースのXL-MC5で聞いて・・・

ハハハ・・・この時点でPL-31E改の方が厚く深くどっしりと、細かな音を充分で・・・って、そもそもカートリッジのポテンシャルが断然上なんで・・・(汗

【milonさん製ベースのXL-MC5】       【ステンネジをチタンネジに】
3299-04milonさんベースのXL-MC5 3299-05チタンネジに

で、milonさん製ベースに装着したXL-MC5のシェルへの固定ネジを・・・MITCHAKUシェルのステンレスネジからチタンネジに付け替えて・・・

【もう一度聞いて見ると】
3299-06もう一度聞くと

シェルもピボット軸もアーシング素子を装着したままで聞いてみると・・・

音的には、これまでMC-1で聞いたホンのひと時が、これまでで一番盤の音を全部聞いてる感じでしたけど・・・

おお、こりゃあ変わった!・・・音圧上がって、音数、解像度も増して・・・何よりSN感のアップが大きくて・・・MC-1の頃に迫ったかも?(^^;・・・それより、歌や演奏の機微が分かって、抑揚とか強弱がハッキリする・・・演奏のダイナミックレンジがグッと広がった感じで・・・トータルパフォーマンスでは断然よくなった!・・・(^^;

ってわけで・・・やっぱり入り口が一番大事!って結末で・・・(反省

で、明日は?・・・まちょっとじっくり聞かないとと・・・(^^;

と言うことで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3300】170717 PL-31E改&25E改で聞き込み~リフター補修?・・・(^^; 

えっと・・・昨日の最後に、カートリッジの固定ネジをチタンネジに変えて・・・先輩音友達からのアドバイス通り、とっても大きな効果があったので・・・こりゃあちょっとじっくり聞き込まないとと書いた通り・・・

【レコードをとっ変えひっ変え】
3300-01レコードをとっ変えひっ変え

朝から、つぎつぎとレコードをとっ変えひっ変え・・・

この日、まうは固定ネジをチタンネジ化した回転シェルのMC-9で聞いてたんですが・・・

【回転シェルのMC-9で】
3300-02回転シェルのMC-9で

やはり、固定ネジのチタンネジ化の効果は大きく・・・

って、恐らくここまで手を入れて来た・・・ピボット軸のオールチタン化をはじめ・・・シェルとピボット軸上の振動アーシングの効果も相まってのことだと思うのですが・・・

SN感が向上して・・・演奏の機微や暗騒音などその場の雰囲気も一層聞き取れるようになり・・・解像度も上がって音の出所も一層ハッキリして・・・空間の展開もより鮮明に・・・

正に、再生の質がワンランク上がったかのような変化となり・・・大喜び!(^^;

っと、つぎつぎレコードを聞いていると・・・愛用のオートアームリフターが、時折動作せず、トーンアームが跳ね返されることが頻発・・・

せっかくご機嫌に聞いてたのに・・・ついつい、イラッ!と・・・(汗

で、仕方なく、原因究明をせざるを得なくなって・・・あれこれやって見ると・・・どうやら針圧が軽いので、オートアームリフターのカンチレバーのロックの方が強過ぎて跳ね返されることが分かり・・・

オートアームリフターのカンチレバーの摺動部にオイルを塗ったり、アルミの表面を研磨して、摩擦を少なくしてみたんですが・・・結果は変わらず・・・とほほ(;_;

どうも、根本的にカンチレバーのロックが深く入り込んでいるので、軽針圧のカートリッジではロック解除まで踏ん張れず・・・解除寸前で負けて跳ね返されてしまう・・・(滝汗

となると・・・ロックの入り込みを浅くするしかないわけで・・・

【ロック部を削る】
3300-03ロック部を細く削る

で、分かり難いと思いますが・・・カンチレバーがロック時に乗る部分・・・画像のアルミ棒の上面・・・手前側・・・ネジ穴の縁の部分を狭くするように削ったんです・・・

【ロック部はカンチレバーの幅程度】
3300-04カンチレバーの幅程度

っと、この画像では余計に分かり難いかも知れませんが・・・このリフター部を降ろすと・・・アルミ棒と上から捻じ込んだ皿ネジの間にカンチレバーが入り込んで・・・リフター部がスプリングで上に上がろうとするのをロックするんですが・・・(^^;

そのカンチレバーが入り込む部分の幅を、ほとんどカンチレバーの幅程度にまで狭くした・・・つまり、ちょっとでもカンチレバーに右から左に力が加わると・・・カンチレバーが左に外れて・・・リフター部が下のスプリングに押し上げられて・・・アームをリフトアップする・・・

ってわけで・・・何とか、軽針圧でも動作するようになった!・・・\(^^)/

で、念のため・・・同じ軽針圧の追加入手したXL-MC5に交換して・・・

【追加入手のXL-MC5で】
3300-05対か入手のXL-MC5で

こちらでも、オートアームリフターが正常動作するかを確認・・・どうやら、なかなかいい塩梅になったようで・・・非常に気持ちよい動作に・・・(^^;

なにせ、直ぐに寝落ちしてうたた寝してしまうσ(^^)私には、最も重要なアイテムのなので・・・って、ホントにこのオートアームリフターが正常動作しないと、安心してレコードを聞いていられなくなるくらいなので・・・(滝汗

そこまで重要なアイテムなのに、安心動作の市販品じゃなく・・・こんないい加減な作りの自作品を使ってるってのは・・・干乾びたキリギリスゆえ・・・(汗

っと、カートリッジ固定のチタンネジを聞き込むはずが・・・またまた脇道に走っちゃいましたが・・・今日のところはこの辺で・・・(汗

明日は?・・・スピンドルのアーシングの見直しを・・・(^^;

と言うことで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~