【3312】170724 届いたレコード&吉田兼好さんからの借り物?・・・(^^; 

う~ん、大佐邸で聞かせていただいた板起こしファイルの再生音が耳に残ってます(^^;・・・

以前、アナログオンリーだった大佐が、デジタルに移行される際の話・・・光学メディアに落とさず直接ファイル化すればとの拘りから、EMTのプレーヤーをキッチリセッティングされ、ある意味大佐リマスター的なデジタルファイル化をされたこと・・・

で、そんな超お手間入り音源を聞かせていただいたのも・・・今回が初めてではなかったと思うんですが・・・当時のσ(^^)私はデジタル一辺倒で、アナログの音はほとんど聞いていなかったからか?・・・今回ほど印象に残ってなかったんですよね・・・(滝汗

ま、もちろん大佐邸の再生サウンドの育成・進化もあるとは思いますが・・・σ(^^)私自身の聞き方?聞こえ方?感じ方も大きく変わってきているのかなとも感じる今日この頃・・・(^^;

ただ、今回のことや・・・最近の経験からは・・・アナログだデジタルだってことより・・・結局、その音源が何を目指して作られてるか・・・聴く側は、どんなサウンドを求めているのかってのが大事で・・・

オーディオでは、それをどうやって橋渡しするか?出来るか?ってことで・・・その知識と経験と耳と・・・腕と情熱と根気がいるのかな?と・・・(滝汗

まあ、そのための懐があればなおいいんでしょうけど・・・無ければ無いなりに・・・と、干乾びたキリギリスは自分自身に言い聞かせ・・・今日もまた・・・(^^;

と言うことで・・・って、無理矢理こじ付け的な脈絡ですが・・・

現時点では、より多くの音源を、σ(^^)私の懐の範囲で、最も効率的に楽しく聴ける&遊べる・・・アナログ再生をまだまだ追いかけることになるのかな?と・・・

あ、突然ですが、最近思い当たったこと・・・眠い音のうちのシステムでも、ずっとアナログ三昧してて・・・久し振りにCDとかデジタル音源を聞いた時・・・思いの他悪くない?意外に聴けるじゃん!・・・って感じることがあったんですが・・・これって、サブソニックフィルター入れずにレコード再生してるので、眠いながらもユニットがストレッチされるから?なんて感じ始めていると・・・以上、備忘φ(..)メモ

と言うことで・・・ついついポチッたレコードが届きました・・・(^^;

【届いたレコード】
3312-01届いたレコード

届いたのは、この4枚で・・・が~~~ん!ガクッ_| ̄|○

やってまいました(右下)・・・ダブり!(滝汗・・・実は、画像の帯を見て勝手にCDだと思い込んでポチッたんですが・・・なんとレコードだったとは・・・(滝汗

で、気を取り直して・・・1枚目(左上)は、泉谷しげるのセカンドアルバム春夏秋冬・・・

何気に、このタイトル曲を聴きたくなって・・・って、めっちゃインパクトありますね!・・・有り余る個性と言うか・・・曲はとってもほっこりするんですが・・・危なっかしさと人見知りな人懐っこさ?が魅力で、俳優としてもいい味出されて・・・今の時代、こう言う暖かくも尖った人が出てこなくなっちゃっいましたね・・・

つづいて2枚目(右上)は・・・ユーミンの45回転盤・・・水の中のASIAへ・・・

お、45回転ゆえか虫の音がリアルっぽい?なんてどうでもいいんですが・・・どの曲も知らぬ間に聞いたことがある曲ばかり・・・一体ユーミンの曲ってどんだけ日本中に流れてたんだろう?全く意識してなかったσ(^^)私でも聞いたことあるなんて・・・(^^;

おつぎの3枚目(左下)は・・・しばたはつみのベスト盤・・・

ああ、残念・・・冒頭1曲目がマイラグジュアリーナイトで、今回一番聞きたかった曲なんですが・・・最初のイントロからうたい出し少しのところまで傷が・・・ガクッ_| ̄|○

でもって・・・最後が、問題のダブり!・・・なので、φ(..)メモはパス!・・・(滝汗

ただ、こっちの方が盤質はよさげでした・・・(^^;

でもって・・・この日のサプライズは、これだけは無くて・・・こっちがメイン!(^^;

【吉田兼好さんから届いたのは?】
3312-02吉田兼好さんから届いたのは?

えっと・・・ちょっと前に音友達の吉田兼好さんから・・・ずっと使ってたマイクロのアームが壊れたんだけど・・・Mt.T2さんなら治して使いそうだからって・・・お借りすることになり・・・拙宅に届いたということ・・・吉田兼好さん、どうもありがとうございますm(_ _)m

【壊れたパーツ】
3312-03壊れたパーツ

で、中味を確認して見ると・・・こちらが、オイルダンプの機構部品と言うことで・・・調べると・・・アーム自体は正常に使えそうで・・・(^^;

【マイクロのトーンアームMA-505 MkⅢ】
3312-04MA-505のようで

中味は、マイクロのトーンアームMA-505 MkⅢで・・・σ(^^)私にとっては初めてのダイナミックバランス型・・・おまけに、トーンアームは交換式・・・って、あるのは画像のストレートアームのみですが・・・

すでにふと、悪だくらみが?・・・(^^;

何はともあれ、吉田兼好さん、めっちゃ楽しみなアイテムをありがとうございますm(_ _)m・・・じっくり楽しませていただきます!・・・(^^;

っと言うことで、明日はまず、動作確認から?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3283】170702 届いたモノとピボット軸のチタン化の準備?・・・(^^; 

さて、今回のトーンアームのピボット軸受のチタン化・・・振動のアーシングを試していたところへ、音友達からチタンを使ってみれば?ってアドバイスを貰ったことからスタートしたんですが・・・(^^;

実はず~っと以前から自分がチタンフリーク?だったことを思い出した次第で・・・(汗

そう言えば、うちのメインの機材の大半は、チタンスパイクとスパイク受けでインシュレートしてまして・・・一時期は、ホントに嬉しがって、連日、チタ~ン、チタ~ンと騒いでいた記憶が蘇って来ました・・・(^^;

ってわけで、ピボット軸受用のチタンネジの調達と並行して・・・もう一つ手配してたものが、前日の夜に届いてまして・・・

【届いたアイテム(その1)】
3283-01日届いたアイテム(その1)

届いたのは、こちら・・・φ5mmのチタンの丸棒・・・

そうです!・・・昨日のお話しでめっちゃご機嫌な効果を得られた、ピボット軸受のチタン化・・・これの対になるピボット軸・・・元は、ステンレスなんですが・・もしかして、これもチタン化してみたら?ってことで・・・(^^;

で、もう一つ届いたのが・・・こちらの板状の梱包で・・・

【届いたアイテム(その2)】
3283-02届いたアイテム(その2)

ハハハ、どこかで似たようなものを見たことがあります?・・・(汗

【3269】170623 PL-25E改の大改造?(その1)・・・(^^; [2017/07/20]

そうです・・・中味はPL-25E改の大改造に登場したアルミ板・・・

【3274】170628 届いた吸着型のディスクスタビライザー・・・(^^; [2017/07/25]

ちょっとタイトルからは想像出来ませんが・・・こちらの日記の冒頭に画像とともに書いた通り・・・スピンドルシャフトの取付位置の関係で、トッププレートとプラッターの間が何だか、ホントに間抜けなほど間が空いてしまって・・・(滝汗

ってわけで、この隙間を埋めるべく・・・アルミ板を追加で手配したと・・・(^^;

一応、先の大改造で使った2枚は・・・A5052Pと同様Al-Mg系合金の高精度版だったのですが・・・今回のは先の2枚の間に挟むものなので、ちょっとお安い普通のA5052Pの5mm厚・・・

で、この工作を先にやりたかったのですが・・・この日、毎度の実家のフォローに帰る用がありまして・・・取り急ぎ、チタンの丸棒のみ持って実家へ・・・

でもって・・・実家で所用を済ませ・・・合間の時間で、ちょっと工作を・・・

って、前回、ステンレス版を作った時と同じなんですけどね・・・(^^;

【3239】170527-28 実家でレコード洗浄&トーンアームの自作?(2)・・・(^^; [2017/06/20]

【先端を荒削り】
3283-03先端を荒削り

で、グラインダーで鉛筆削りのように、先端を荒削りして・・・

【バイスに挟んで切断】
3283-04バイスに挟んで切断

でもって・・・バイスに挟んだチタン棒を金属用の鋸で切断して・・・

【予備も含めて3本製作】
3283-05今回は3本製作

今回は、予備も含めて3本を製作しまして・・・実家での作業を終えて大阪へ・・・

で、大阪の自宅に戻ってから・・・少しでも続きの工作をと思ったんですが・・・

時間が無くて・・・辛うじて、実家で荒削りしてきたスピンドル軸の先端の整形を・・・

【先端をヤスリで整形】
3283-06先端をヤスリで整形

っと、ここまでやっておきながら・・・既に音量が上げられない時間だったので・・・装着実験は、後日に後回し・・・

で、この日届いたレコードを、小音量でサラッと・・・

【この日届いたレコード】
3283-07届いたレコード

届いたのは、この3枚・・・しつこく、ユーミンの初期のアルバムの手持ちの歯抜け分を・・・左が10枚目のSURF&SNOW・・・右が3枚目のCOBALT HOUR・・・

SURF&SNOWは、抜けのいいクリアな録音で・・・B面の雪バージョンの方がお気に入り?・・・COBALT HOURの方が好きな曲が多いんですが・・・盤が荒れててちょっとこもった音で・・・ちょっとげんなり・・・(汗

3枚目は、Stan GetzのSweet Rainで・・・1967年録音の1973年再発国内盤・・・演奏はめっちゃご機嫌なんですが・・・A面は盤質がよくない?何だか音が曇って眠い音に・・・こう言う盤も濃く太くガツンと鳴らせるようにしたいのですが・・・(滝汗

ってわけで、この日はこの辺で・・・

明日は?・・・上手く行ってたはずが、問題が発生して・・・再対策が必要に?・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3246】170602 トーンアームの製作(4):再始動?・・・(^^; 

さて、milonさんのお力添えで、40年以上前のジャンクプレーヤー(PL-31E)を大改造し、スペシャルバージョンに生まれ変わり・・・

恐らく・・・実際聞いてみないと俄かには信じられないと思うんですが・・・極めて自然で滑らかな、極上のサウンドクオリティーに大変身!・・・(^^;

ってわけで、日々アナログ三昧をつづけているんですが・・・根っからの弄り好き?工作好き?ゆえ、部品取りされ、使えなくなった元のPL-25E改を何とかしたいなと・・・(汗

とは言え、本来相当な工作精度が必要だし・・・おまけに基本的に金属加工・・・

そんなの、道具も持たない素人に出来るわけが無い!・・・と、素直に置いときゃいいものを・・・我慢出来ずに、いじり始め・・・(^^;

【3238】170527 トーンアームの自作?(1)とこの日届いたレコード・・・(^^; [2017/06/19]
【3239】170527-28 実家でレコード洗浄&トーンアームの自作?(2)・・・(^^; [2017/06/20]
【3240】170528 トーンアームの製作(3)&レコード確認?・・・(^^; [2017/06/21]

既に3話にも渡って、ぼちぼち加工を始めたものの・・・

情報公開されてて・・・PL-31E改へ移設した、ご本家milonさん製のピュアストレートアームがいかにシンプルとは言え・・・そう簡単に素人が真似できるはずもなく・・・(滝汗

ま、無理を承知で、素人が、ホームセンターで普通に入手出来る道具で最低限のトーンアームを自作できないか?と・・・

で、思案してたのが・・・アーム本体ブロック部分・・・アームをどうやって付けるか?とか・・・ウェイトシャフトはどうやって固定するか?とか・・・ピボット軸受はどうする?・・・メインの1.0ポイントサポートは、ステンレス棒から作ったけど・・・0.1ポイントの支点をどのように実現するか?・・・

で、アームとウェイトの固定は、穴明けも出来て、何とかイメージが沸いたんですが・・・0.1ポイントの支点をどうしたものかと・・・

ま、でも・・・とにかくやり始めたんだから、やるしかない!・・・(^^;

ただ・・・実は、手が止まってた最大の理由は、作業が大変だからでして・・・(汗

【アルミブロックの切出し】
3246-01アルミブロックの切出し

えっと・・・25mm角のアルミブロックの横幅を20mmにしたくて・・・って、最初は、この切出しが面倒なんで、そのまま行こうかと思ったりもしたんですが・・・

既に、アームとウェイト軸の中心は、20mm幅を前提に、オフセットしてるし・・・(汗

そのままでは、意外に重量もあって・・・やっぱり切出した方がいいかな?と・・・

で、ようやく、重い腰を持ち上げ・・・ってか、ちょっと音が出るので、単に次の休日まで先送りになってただけ?だたりして・・・(^^;

でも、やっぱり、結構しんどい・・・運動不足&のこぎりの切味が悪い?・・・(汗

【切出し完了】
3246-02切出し完了?

と言うわけで、ようやく、アルミの角ブロックから、なんちゃってピュアストレートアームの本体部分の切出しが完了!・・・

いよいよ、ここからは一気に・・・はてさてどうなりますやら?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3136】170211 さぬき遠征(序)3年?2年越し?の約束を果たしに・・・(^^; 

さて、今回のお話しは・・・昨日、ちらっと予告した通り・・・ある約束?・・・それも3年越し?の約束を果たすため、久々にさぬき遠征したお話しでして・・・

【デッキ&テープ持参で】
3136-01デッキ&テープ持参で

はてさて?・・・一体いつ約束したのか?・・・て言うか、前回伺ったのは?・・・あれれ?

もう2年余りも前?(@@;

【2374】141228 さぬき遠征:モモンガ邸再訪(序)・・・(^^; [2015/02/06]
以降、3邸合わせて18話・・・

そう、確かこの年の7月にGabacho邸で衝撃のテープ体験をして・・・

【2228】140720 Gabacho邸訪問(1)何から書けば・・・(^^; [2014/09/13]

10月、あっという間に古いデッキを導入してヒモ族デビューを果たしたんだっけ・・・(@@;

【2308】141001-2 遂に憧れのオープンリールデビュー!・・・(^^; [2014/12/02]

で、ちなみに・・・σ(^^)私は、その前まではデジタル一辺倒で(汗・・・アナログデビューがなんとオープンリールテープからだったと言うわけで・・・(滝汗

そこから、およそ4ヶ月・・・何故かレコード再生への興味が沸いて・・・

【2500】150425 冷やし中華(Analog)はじめました?・・・(^^; [2015/06/12]

レコード再生に目覚めてから・・・やれテープだレコードだと・・・うざい程のアナログ三昧な生活に・・・(@@;

っとっとっと・・・ちょっとまった!・・・ちょっと話題が逸れた・・・(滝汗

えっと・・・そう、2年余り前・・・このアナログデビューってか・・・オープンリールテープに嵌り始めて間もなくの頃・・・

その強烈アナログサウンド体験で、耳の感覚がそれまでのデジタル三昧な耳から、大きく変貌を遂げつつあったこの時期・・・

教授からのお誘いをいただいて・・・年末と言うのにモモンガさん、Kin-yaさんに何とか都合をつけてもらって伺ったのが前回・・・

そう、デジタル三昧な耳が、衝撃のアナログ体験以降、急激にアナログ耳に変貌を遂げたもんだから・・・自分でも盲目的に傾倒してないか?って不安になって・・・

耳のリセットの目的で、デジタルハイエンド出し切り系の讃岐の皆様のお宅へ伺ったと・・・

で、既にこの時・・・ヒモ族入信してテープ三昧だったこともあって・・・また、テープ聞かせてよって話がチラッと出てはいたんですが・・・

テープデビューして間もない素人が入手したビンテージ直前入門用デッキで・・・お遊びレベルのテープでは、教授邸では話にならんだろうと、サラッとスルーしてたんですが・・・

その後のσ(^^)私のお楽しみ遍歴の末・・・ジャンクデッキが何台も増えだして・・・遂には、音友達にお力添えいただいて・・・

【2463】150301 新たに超大物機材を入手(えっ?金欠なのに?)・・・(^^; [2015/05/06]

国産プロ機の2Tr38デッキを入手して・・・ますますテープ三昧に・・・っと思いきや、音源入手の難しさもあって・・・猛進したのはレコードの方で・・・(汗

超音波レコード洗浄機を自作してからは、ジャンクレコードの入手に専念?・・・と同時に、こちらもレコードプレーヤーも増殖を・・・

っと、この秋の大阪のオーディオショウ・セッションで、教授とお会いして・・・今度は、デッキ持参でテープを聞かせてよって話に・・・

っと、この直後・・・なんと!音友達繋がりで・・・STUDER A807をお借りできることに・・・

【2693】151114 STUDER引取と拙宅音確認(前編)・・・(^^; [2015/12/22]
【2715】151128 スチューダーA807の帰還!再生開始・・・ウホッ!(^^; [2016/01/13]

で、ピンチローラーのゴムの溶解を交換して、プチ調整をしてもらって・・・遂にSTUDERデビューと相成って・・・って、長期借用してるだけですが・・・(滝汗

っと、ところが・・・やはり問題なのは音源・・・で、この後、飛びっきりの音源を1本入手して以降は・・・ぼちぼちそれなりの音源を・・・

ってわけで・・・実際この間ず~っと、干乾びたキリギリスにも入手性の高いジャンクレコードのどっぷりと・・・

で、その秋・・・って、おいおい!秋まで行くのか?・・・ハイ(滝汗

秋の大阪のオーディオショウで、オルフェのサンバさんと教授とモモンガさんにお会いして・・・今度こそ、STUDERとテープを持参して伺いますと・・・(^^;

で、さらに月日は流れ・・・年が明け・・・σ(^^)私の仕事のドロドロ・ヘロヘロ環境も少し落ち着いたので・・・バタバタと話が進み・・・

教授とモモンガさんとKin-yaさんに日程調整いただいて・・・オルフェのサンバさんとも調整がつきまして・・・今回のさぬき遠征となりました・・・ふぅ(^^;

ってわけで・・・明日からいよいよその本題へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3041】161109-11 市野式フォノモーターの試聴・・・(^^; 

さてさて、ちょっとお楽しみテーマが重なってしまった感があって・・・Ge3の市野式によるアナログ再生の話がどんどん進展して・・・フォノイコのプロトタイプでそのパフォーマンスの潜在能力を感じつつ・・・

干乾びたキリギリスには、嵌っても手が出ないので(汗・・・耳が慣れない内に、早々にお返ししたものの・・・続く、レコードプレーヤーのプロトタイプをBhutan@大阪さんが試聴されたレポートを拝見して・・・あかん、聞いてみたい!って衝動に・・・(^^;

で、時を同じくして、DCモーターでの糸ドライブ実験を始め・・・糸ドライブの静さ、滑らかさに感激し・・・ま、逆に言うと、ダイレクトドライブのざわつきを認識したわけで・・・(汗

いやあ、これはこれで、よかったんだけど、困ったことに・・・だって、うちのターンテーブルは、ほとんどがダイレクトドライブですから・・・

っと、そこへ突如としてGe3の掲示板で・・・市野式のプレーヤーの「たらい回し」がアナウンスされて・・・きっとその音を聞いたら一気に嵌ってしまうと恐れつつ・・・でもこりゃあ、絶対聞いてみないと!って思いに逆らいきれず・・・

【3035】161105 Ge3市野式フォノモーターの到着!・・・(^^; [2016/11/28]

って具合に、お借りしたわけで・・・既にパッと聞きで・・・ヤバイ!やっぱり嵌っちゃったかも?って状態に・・・(滝汗

と言うことで・・・このままでは、返せなくなっちゃいそうなので、早々に試聴を止めて、返さないと・・・って、焦りつつも・・・でも、一度はしっかり聞いておかないとと・・・

で、この市野式フォノモーターがうちに到着して、この日で4日が経ち・・・そろそろ馴染んで来たかな?ってことで・・・って、ちょっと出張だったので・・・設置して4日も経てば、一応は落ち着いたかな?ってことで・・・ちょっとしっかり聞いてみることに・・・

【市野式フォノモーターを聞く】
3041-01市野式フォノモーターを聞く

ま、実際の音は、到着して最初に聞いた・・・ダイレクトドライブより、静けさがグッと増して、鮮鋭なのに滑らかなサウンド・・・って印象は変わらず・・・

少し重心が下がって・・・一層落ち着いて、優しさと滑らかさが増した感じ・・・

【糸を調達して】
3041-02糸を伸ばして

で、到着した日とモーターの設置位置が違うのは・・・絹糸を調達して来て・・・仮設ラックの上にきちんと乗るように設置してあるから・・・

と、ここで・・・この、調達してきた絹糸と・・・平行して実験中のDCモーターによる糸ドライブで使ってるケプラー糸(釣り糸)を・・・ちょっとこれも聞き比べることに・・・

【絹糸とケプラー釣り糸】
3041-03絹糸とケプラー糸

こちらが、今回使った絹糸とケプラー釣り糸で・・・まずはケプラー糸で聞いてみると・・・

【まずは、ケプラー糸で】
3041-04まずはケプラー糸で

おお!・・・すごい!・・・うちの眠い音にはこっちの方が合うかな?(^^;

そもそも、ダイレクトドライブとは、全く音の出方が違うんですよね!・・・その違いは、やっぱりファーストインプレッションの通りで・・・静けさがグッと増して、鮮鋭なのに滑らかなサウンドで、凄く自然な実在感を感じる・・・

で、それが更に・・・音の背景がスッと静かになって、それぞれの楽器の音の出何処がハッキリして、音がパッと飛んで来る!・・・グッと実体感を増した感じ!・・・(^^;

いやいや、いかん!・・・この音の慣れてしまうと・・・干乾びたキリギリスの生きていけない世界に・・・(滝汗

おっと、これで終わりじゃない・・・おつぎは・・・再びGe3推奨の絹糸で・・・(汗

【もう一度絹糸で】
3041-05もう一度絹糸で

ってわけで、絹糸に付け替えてもう一度試聴・・・

おっ!・・・重心が下がってより滑らかで太い音に!

う~ん、これはいかん(滝汗・・・干乾びたキリギリスでは、今はこの世界に逝けないんだから・・・そうだ、太いってのを、無理矢理ちょっと滲むってことにして自分に言い聞かせ、諦めることにしよう!・・・ガハハ苦しい言い訳(^^;

後は、実験中のDCモーター&糸ドライブで、気を紛らわせることにしとこっと!(^^;

それにしても・・・世の中は、なんでこういうアナログの実在感を捨て去ろうとしてるんだろ?・・・σ(^^)私的にはCDよりずっと自然に感じるんですが・・・(汗

ま、でもσ(^^)私的には、アナログの可能性の先が更に少し見えた気がして・・・こりゃあ、ますますアナログの比率が高くなりそうだ!(^^;・・・それも、これも、マスタークラスの2トラ38のテープを聞いたあの日から始まった逃れられない道だった?・・・(^^;

ってわけで、今日のお話は、これにてお終い・・・明日は?

市野式フォノモーターの衝撃から逃れるために・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3016】161008 SPセッティング修正&リールハブの修理&デッキ改修?・・・(^^; 

リアルタイムの昨日は、もうめっちゃ大変・・・博多駅前の道路陥没による停電地域にσ(^^)私の管轄の事務所がありまして・・・その対応で1日中大わらわ・・・(滝汗

正直もうヘロヘロなのに・・・今日はうちの部署が監査・・・ひょえ~大変!(^^;

なんて与太話は置いといて・・・

昨日お話ししたCDのモノラル音源で、音像の焦点がアナログに比べるともう一息って件ですが・・・ふと気が向いて、少々調整を・・・(恥

えっと・・・ユニットを弄りすぎて、眠い音しか出ないって悩んでましたが・・・このところアナログばかり聞いてたからか?・・・CDが思いのほか、カチッとした音になって来たかのように聞こえて・・・ちょっと喜んでたりして・・・(滝汗

でも、SPのセッティングがいい加減だから?・・・モノラルのアナログ盤では、もう少しピシッと焦点が合って聞こえるのになと・・・(^^;

で、思い始めると。もう止まらない・・・(滝汗

【まずはレーザー距離計で】
3016-01まずはレーザー距離計で

ってわけで・・・まずはレーザー距離計で、SPのおおよその位置を調整・・・SPのバッフルに鏡を貼り付け・・・レーザー距離計からのレーザーの反射が、送信ポイントと同じになるようにして・・・左右のリスポジ後の焦点からの距離を同じにして・・・

とこれで、最初のセッティングはお終い・・・(^^;

この状態で、モノラルの音源を聞いてみると・・・やはり、音像の焦点の結び方が、まだもう少しボケた感じで・・・(滝汗

で、そこからは、同じくモノラル音源を聞きながら・・・音像の焦点が小さくなる方へ少しずつ動かしながら調整して行く・・・

で、余り変わってないけど・・・最初の時より少し焦点が小さくなったところで終わりってことにして・・・(^^;

でもって、ここからは、テープタイムにしようかなと・・・

テープ再生の準備をしつつ・・・リールハブのロックの動きが少し渋いのが気になって・・・

ちょっと仕組みを見てみると・・・ゴムパッキングを変えればよさそう?・・・

ってわけで、近くのホームセンターで、ゴムパッキングを物色・・・うーん、ちょっと大きさが足りない?・・・(^^;

【リールハブの修理】
3016-02リールハブの修理

でも、ゴムだし・・・伸びるからいけるかな?・・・ってわけで、必要なのは65φくらいなんだけど・・・50φまでしかなくて・・・50φを入手して・・・

で、元のリールハブからゴムパッキングとロックチップを外して・・・

【はめ変え完了】
3016-03はめ変え完了

ちょっと無理矢理ながら・・・50φのゴムパッキングを伸ばして装着すると・・・うん、何とかはまったみたい!(^^;・・・で、隙間にシリコンスプレーを吹きつけ・・・スムースな動作になって・・・修理完了!・・・\(^^)/

で、おつぎは・・・STUDERの簡易移動ラックを・・・

ゴムパッキングと一緒に調達してきたのがこちら・・・

【板材とキャスターと鬼目ナット】
3016-04板とキャスターと鬼目ナット

で、板材に、取っ手穴を開けて・・・取付穴を開けて・・・底に鬼目ナット用の穴を開けて、鬼目ナットを打込んで・・・(^^;

【板材の加工】
3016-05板材に加工を

でもって、板材にキャスターを取り付けて・・・仮の工作を完了!・・・(^^;

【板材にキャスターを取り付け】
3016-06キャスターを取付

って分けで、ちょっと取っ手の工作は途中ですが・・・STUDERのサイドに取り付け・・・

【STUDERに取付】
3016-07STUDERに取付

移動用キャスター付きのサイドパネルラックの完成!・・・\(^^)/

ということで、この日の工作は完了・・・明日は?・・・このデッキを・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【2947】160716 フォノイコ電源追加改修&レコード&リフター補修・・・(^^; 

さてさて・・・段々、目的が何だか分からなくなって来ちゃってますが・・・元は、うちの眠い音しか出ないシステムで、少しでもシャキッとした音を聞きたいがため・・・(^^;

で、まずは、フォノイコ(Phono BOX RS)標準装備のACアダプタを、外付の外部電源に変えるべく・・・キットを使って外部電源を用意して・・・

まだまだ思いの音には遠いということで・・・接点改修剤やらファインメットビーズを電源ラインに入れたりと・・・でもまだ、思いの方向へは・・・

ってわけで、今度はブリッジダイオードのSIC SBD化を図り・・・

多少は改善されそうな感触を得つつも・・・今一つ今後の方向性がよく分からないまま・・・

で、しばらくそのまま鳴らし込んで見ようかと思っていた矢先・・・(^^;

ちょっと気になることが・・・それは、昨日のお話しで装着したSIC SBDのブリッジ・・・

【ACインレットの直上】2946-10
2946-10装着準備完了

分かり難いかも知れませんが・・・SIC SBDのヒートシンクを取り付けたのが、ACインレットの直上ってことで・・・何かノイズを拾っちゃうかも?って、心配が・・・

と言うことで・・・SIC SBDのヒートシンクに使った3mm厚のアルミ板がまだあったので・・・

これを適当にカットして・・・ACインレットとSIC SBDのブリッジの間に入れて、なんちゃってシールドを・・・(^^;

【ACインレット上にスペーサー】
2947-01ACインレット上にスペーサー

と言うことで、ACインレットからのノイズ混入に、果たして効果があるのかどうか?は、全然分かりませんし・・・ちよっぴり聞いてみた感じでも・・・???分からん!

【パイロットLEDを青・緑から青・橙に変更】
2947-02パイロットLEDも交換

でもって、最初は、電源のパイロットLEDは、正負の回路にそれぞれ、青と緑にしてたんですが・・・どうも、緑の光が弱くて・・・なので、視覚的な光量が同じくらいだった橙色に変更しました・・・(^^;

ってわけで、フォノイコの外部電源の追加改修の話は、これにてお終い・・・

で、おつぎは・・・この日届いたもの・・・

【この日の収穫】
2947-03この日の収穫

えっと・・・これまたお高いレコードで・・・以前、音会であまりお薦めじゃないって言われてたんですが・・・ついつい、ポチッと行っちゃって・・・(滝汗

で、まだまだ満足いかないフォノイコで聞いてみたんですが・・・

【ダイアナクラールのWallFlower】
2947-04ダイアナクラールのWallFlower

う~ん・・・曲の感じや歌ってる雰囲気は、ダイアナクラールらしくていいと思うんですが・・・サウンドとしては・・・うちのシステムが駄目駄目ってのもあるんですが、空気感と言うか空間の雰囲気があまりなくて・・・結構単調で平面的に聞こえちゃう?・・・

残念ながら、干乾びたキリギリスゆえ、CDとかのデジタル媒体を持ってないので・・・元がそうなのか?アナログ盤がそうなのか?はたまたうちのシステムがフン詰まりなのか?が分かりませんけど・・・もちょっとって欲が出ちゃいますね(^^;

で、このレコードを聞いていたら・・・パイオニアのバラックプレーヤーで使ってるアームFR-54のリフターが、降りたり降りなかったりと、時折動作不良が・・・

ってわけで、先日入手したジャンクのFR-54のリフターも合わせて調整することに・・・

【ヘッドステーを外す】
2947-05ヘッドステーを外し

まずは、リフターのヘッドステーを固定しているネジを外し・・・

【底から分解・清掃】
2947-06底から分解・清掃

底のネジ蓋を外して・・・レバーのストッパーネジを外して・・・レバーを引き抜いて・・・シリンダーからピストンとバネを取り出して・・・古いグリスを綺麗に拭き取る・・・

【ピストン部分にグリスアップ】
2947-08ピストンにシリコングリス

で、抜き取ったピストン部分に少量のシリコングリスを塗って、バネと一緒に挿入・・・

【レバーの摺動部にシリコングリス】
2947-09レバー摺動部にシリコングリス

でもって・・・レバーの摺動部に極少量のシリコングリスを塗って・・・

【元通り組み立て完了】
2947-10動作確認

レバーのストッパーネジを取り付け・・・底蓋をねじ込み・・・アームのホルダー部分に再度固定して・・・リフト量や降下量を調整して・・・動作確認・・・OK!

と言うことで・・・っと、今日はここで時間切れ・・・(汗

なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~